2011年06月05日

『星を追う子ども』から「演出」を知る

背景の演出が凄いというよりも、背景と動画の一体感が素晴らしいとでも言いましょうか。

デジタルペイントが普及した今、アニメーション製作への壁は低くなったかもしれません。
何万枚ものセル画を永遠と手作業で塗るよりは楽…ではないんですねこれが。
デジタルだからこそ可能になった技法はグンと増えましたから、それを極限まで生かそうとするとそれこそ気の遠くなる作業が待っているのです。

自分が新海作品に魅かれる要素の大部分はこれですね。
今回の作品は人物の動きが今まで以上に繊細になってますが、背景に動画を貼り付けるだけではあんな映像にはなりません。
いくつものフィルタを重ねて初めて動画が静止画に溶け込む、この工程を省くと人物が妙に明るくなったり、いかにもデジタルペイントのベタ塗り感が目立ってしまう。本当に全体のバランスを考えた作品だと思います。

リピーターキャンペーンの非売品ポスター

デジタルならではの技法として、アスナとミミが見送る電車が挙げられます。
トゥーンシェイダーを用いて3Dモデリングに輪郭線を出し、更にビットレートを落とす事で2Dとの違和感が無くなっています。
冒頭の鉄橋、アパッチ(ヘリコプター)、終盤のシャクナ・ヴィマーナも同じです。
折角の3DCGをコマ落ちさせるなんて!ではなくて、その工程が無いとそれこそCGのヌルヌル感が出てしまうのでワザとカクカク感を出す。
つまり「アニメっぽくさせる」高度な作業と言えるでしょう。

今までの作品でも見られましたが、逆光のカットが多いですね。
逆光になると必然的に人物が薄暗くなりますが、逆光で差しこむ光でキャラクターを際立たせる演出は本当に美しいです。
日常の1コマをアニメにするのは誤魔化しが利きません。それはそれで面白い作業ではありますが、光の表現1つにしても気を遣います。
一方アガルタ世界でも太陽が昇り沈みます。どこか見た事のあるような景色ながらファンタジーの世界。
それでも雲の下に落ちる影、雲自身に掛かる影、雲の隙間から差しこむ光。異世界でも地球のどこかにありそうな景色を描く事で作品にスッと馴染む事ができるんじゃないかと思います。

夷族の巣からの脱出(COMPLETEブックから)

その他、アモロートの兵との戦いのシーン。作品の中でも見せ場の1つだと思いますがアクションが凄いです。
新海監督はこういう演出にも力を入れたのだなぁと感心すると同時に、モリサキの銃を阻止する為にシンが投げた剣が岩に突き刺さるカット。その剣にモリサキの驚いた顔が一瞬写り込んでいたりします。
こういう細かい所までこだわる作品はそう多くありません。

…まだまだ語りたい事は一杯ありますがこれぐらいで(笑)。
何回でも観たい「星を追う子ども」。次は人物像について書いてみたいと思います。


posted by ビター at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 新海誠

2011年05月24日

「2台目無料は代理店を待て」解禁!

※あくまでもWILLCOMの話題です
10/02/20:「2台目無料は代理店を待て」?

記事を書くには時期が遅くなってしまったが、結論から言うと「もう1台無料端末」にRX430AL付属のnicoハートを無事にゲット!
0円運用の黒耳を契約中である。まさか実現するとは…。

正確に言うと、前回の記事を書いていた時点で既に受付中だったのかもしれない。
それはTwitterの何気ない呟きに、もしもし本舗さんからの返信があった事から始まる。

中の人から返信が!

なんだって!早速電話して詳細を聞くと、別途URLを教えてもらって専用フォームから申し込む仕組みになっていた。
前回の記事にも書いたようにSIMジャケットが2台目無料端末のラインナップに入ってるのは代理店だけ。
月額0円(ユニバーサル料金も無し)、事務手数料無料、WILLCOM同士なら通話無料、仮にパケット通信しても上限2800円(約300kbps)。

時にはうまい話もあるものである(?)。
 

posted by ビター at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | WILLCOM

2011年05月08日

『星を追う子ども』から「喪失」を知る

秒速5センチメートルから約4年、待望の最新作『星を追う子ども』を観て来ました。
新海誠監督の作品は主に「日常」を描くものが多かった為、今回は特報・予告編が公開された時点で「おやっ」と感じた方々も多かったはず。
新海流ファンタジー(?)とはどういうものなのか、本当に楽しみにしながら劇場公開を待ってました。

冒頭はいかにも日本的な風景・家屋等が登場する監督らしい演出。細部まで計算された映像美に圧倒されるばかり。
「雲の向こう、約束の場所」ではあまりにも背景が美しくて、良い意味で情報量が多かった感がありましたが、今回は「秒速5センチメートル」と同様バランスの取れた演出と言えばいいのでしょうか。

そして注目したいのはキャラクターの動き。
「秒速〜」では監督が「自分には経験が少ないから背景(演出)で挑む」と言われてましたが、今回はアクションにかなり気合が入ってました。
それもそのはず、今回の作品の製作が「雲の向こう〜」等とは違うスタジオ体制。
経験を積んだスタッフも集まり、「長編アニメ映画」としての見応えバチグンです!
と、偉そうな事を言ってごめんなさい(笑)。

「喪失」がテーマになっていますが、誰しも生きている限り経験するもの。
受け入れるか受け入れないか、人によっても状況によってもそれぞれ。
地下世界アガルタに何を望むのか、アスナ、モリサキ、シンの3人の立場から「喪失」の先が見えてきます。
一見難しそうなテーマでありながらスッと受け入れられるストーリーが良く、そして深い感動を呼んできます。
自分自身も学生時代に大切な人を失いましたから(この度の震災でも)、その時の心にポッカリ穴の空いた感じは痛いほど分かります。
それでも時間だけは進行していく、この難しい疑問に「星を追う子ども」からヒントが得られるでしょう。
タイトルそのものにも意味があるので劇場でご覧下さい。

新海誠監督の世界観がまた広がりました。
「星追い」はかなり変化球な作品に感じるかもしれませんが、むしろ今までの作品が変化球だったのかもしれません。
監督自身「自分も一番見たかったアニメ」と言っておられる事からも、今回の作品から得られるものは多いはずです。
ここまで綺麗な終わり方をする映画も久しぶりな気がします。
1回では勿体ないのであと数回観に行くつもりです。新たな発見があると思いますので、また追記したいと思います。※Twitterでも備忘録的に呟いてます

星を追う子ども
 

posted by ビター at 22:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 新海誠

2011年03月17日

Don't give up, Japan.

3月11日、未曾有の震災が日本を襲いました。
心が痛む毎日を過ごしています。
以下、公共放送の言葉をお借りします。

「被災されている方も支援にあたっている方も疲労がたまり、お辛い状態になっていることと存じます。
いまも孤立状態にある方も大勢います。

でも、必要以上の自粛ムードは経済を低下させ、結果的には復興支援に悪い影響を与えると思います。
元気なひとは元気に暮らしましょう。難しいことですが、笑顔で!」


再び沢山の笑顔が戻ることを願って。

Don't give up, Japan.

posted by ビター at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月06日

新・鉄人兵団

昨年の「人魚大海戦」は、気合の入ったオリジナル作品ながら高評価とは言えなかった。
そして今年、1986年のリメイク「新・鉄人兵団」となる。
映画ドラえもんの中でも評判の高いこの作品がどうアレンジされるのか楽しみであった。

謎の信号を発するボールによって巨大なロボットが地球に送り込まれ、ドラえもん達は鏡の世界(左右対称の誰も居ない世界)に運び入れる事にした。
ザンダクロスと名付けたロボットで遊んでいたのもつかの間、実は恐ろしい破壊兵器だと分かった彼らは鏡の世界に隠しておく事にした。
そんな中、同じくボールによって導かれたリルルという少女が現れ、のび太はジュド(ロボットの本名)の居場所と鏡の世界への入り方を教えてしまう。
同時に謎のボールがジュドの頭脳部分だと知ったのび太達は、意思を通わす事のできるヒヨコ型に変形させピッポと名付ける。
しかしリルルとジュド、そしてピッポは「人類捕獲作戦」を密かに進行させていた。
既にリルル達の故郷「メカトニア」から鉄人兵団が地球へ向かっている!
思いとどまらせようとするドラえもん達と意思を通わすに連れ、ピッポとリルルは人類を奴隷にする事が正しい事なのか疑問を持ち始める…。

ハンカチを忘れずに!

リメイク作品には新キャラが付き物だが、今回はジュドの頭脳を親しみやすいヒヨコ型にする事で話に深みを出す手法が取られている。
原作ではドラえもん自らジュドの頭脳を改造する事で味方にしたが、今回はリルルとピッポが少しづつ心を開いていく様が描かれる。
そのあたりの構成は2007年の「新・魔界大冒険」と同じくらい面白く、原作には無かった彼らの過去も描く事でより一層キャラに共感し易くなっている。
祖国メカトニアで何があったのか、リルルとジュドの頭脳の関係は?
子供達にとって難解にならずにストーリーの幅を広げるあたりが素晴らしい。

映画を観る前、少し心配だったのは近年の条例により「保守的な内容」になるんじゃないかという事。
たぶんあのシーンはカットされるだろうな…と思いきや、原作そのままの描写に拍子抜け(笑)。
まあそのあたりはあまり語らないでおこう。劇場でドウゾ!
それよりもラストの緊張感、そして号泣必須のリルルの決断、そして主題歌「友達の唄」が…。
オリジナルストーリーを加えつつ、原作に忠実でキャラクターが生きている。
非常に楽しい新生ドラえもん映画であった。満足満足!
 
posted by ビター at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん

2011年02月20日

「2台目無料は代理店を待て」?

今WILLCOMに新規加入すると、もう1台無料で付いてくる!
というサービスが始まってから1ヶ月が経とうとしている。
更に既存契約者にも条件付きで適用が拡大された。
「新ウィルコム定額プランS」「だれとでも定額」を付けた主回線があれば2台目が無料になる。

いささか「契約回線数」を稼ぐサービスのような気はするものの、受け止め方は人それぞれ。
勿論自分も気にならない訳ではないし、PHSの現状からして苦渋の決断なのかもしれない。
少なくとも「フォトフレームを付けるとお安くなりますよ!」的な商売ではないのが救いか。

ところで「既存契約者の2台目無料キャンペーン」は今のところ公式ストアか店頭でしか申し込めない。
オンラインのWILLCOM代理店などは新規加入者のみが対象…と思いきや、どうやら代理店でも同様のサービスが始まるらしい?
たまたまもしもし本舗さんに問い合わせていた時に聞いたのだが、

「今のところ新規加入者様のみ受け付けですが、適用拡大の『予定』ではあります。」

との回答が。あくまでも「予定」ではあるものの、ちょっとこれには期待したい。
公式ストアでも店頭でもW-SIMジャケットを2台目無料に適用する事はできないのだが、もしもし本舗にはnicoハートが2台目無料の対象機種に入っている。
紛れも無い「W-SIMジャケット」であり、更に「RX430AL」が同封されている!
黒耳を無料で使えるとは期待せざるを得ないのではあるまいか。

黒耳最高!

ただ自分の場合、HYBRID W-ZERO3に2台目無料の条件プランを付けている。
HYBRID W-ZERO3を1回線目にして申し込めるのは2月28日までの期間限定なのだ。
という事はあと1週間しかないじゃないか。
それまでにもしもし本舗さんが適用拡大を開始されるだろうか…?ちょっとその可能性は低い。
ここはWILLCOMお得意のサービス延長に期(略)

ではなく、何か丸く収まる方法で「もう1台無料キャンペーン」に便乗したい自分なのであった。
良い意味で吹っ切れたのかもしれない。

【03/01更新】
予定通り(?)期間延長になりました!
これでもう少し悩めますね。さて代理店の動きはどうなるでしょうか…。
 
posted by ビター at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | WILLCOM

2011年02月06日

どうなるの?PHSの基地局(2)【2/08更新】

10/08/07:消えたPHSのアンテナ【9/10更新】
10/08/29:どうなるの?PHSの基地局

変動しているのはWILLCOM加入者数だけではない。
PHSの財産とも言えるマイクロセルの基地局もどんどん減少している。
現時点で確認できているのは7局

「たったそんだけ?」とんでもない。半径数キロの間に7局も消えているのだ。
全国的に考えれば氷山の一角なのだろう。1桁どころではないのかもしれない…。

病院の隣りとは低電磁波ならでは

病院の真横に立っていた基地局が、

跡形も無く…

すっかり消えてしまいました…。場所は【こちら】

貯水槽もお友達

前回の記事でも掲載した画像ですが、

跡形も無く…

綺麗に撤去された画像を改めて。場所は【こちら】

マンションの上の8本槍

この8本槍はまだ撤去されていませんが、

ケーブルに注目

ケーブルが束ねられ、電波を発しなくなりました。
遅かれ早かれ撤去される事でしょう…。場所は【こちら】

残り2局の画像はありません。場所だけ貼っておきます。

近鉄伏見駅近辺…マンションの上に4本槍がありました
京都医療センター前…団地の西側に4本槍のコン柱が立ってました

そして前回の記事の2局を合わせて7局消失となります。

あくまで一個人ユーザーなので消失を止める事はできない。
ただエリアに穴ができるほどの撤去は勘弁してほしい。
親会社の誰かが「エリアの間引きはしない」と公言していたのは気のせいだったのだろうか?
WILLCOMを真剣に助けようとして子会社化したのか?
現状では残念だがそうは思えない。
単なる好き嫌いで眉を顰めているのではない事を理解してほしい。


以前PHSの基地局の写真を撮りまくっていた時期があって、それが皮肉にも「消えていく基地局」を目の当たりにする形となってしまった…。
次世代PHSを本当に本当に楽しみにしていたのだが、現時点ではこれ以上事業を拡大できないだろう。
事業縮小に拍車が掛からない事を願う日々がこれからも続くのである。
 
posted by ビター at 22:14| Comment(5) | TrackBack(0) | WILLCOM

2011年01月23日

2台目無料に思うこと

毎月何十万人と純増を続ける携帯電話だが、今や契約者数=加入者数ではなくなってしまった。
日本の人口を考えるとそろそろ頭打ちしてもいい数字になっている。
人呼んで「フォトフレーム商法」(勝手に付けた)の影響である。

新規加入、もしくは機種変更時に「フォトフレームを付けるとお安くなりますよ」なんて言われた事がないだろうか。
儲けた!なんて喜んでいる場合ではない。キャリア側にとってそれが契約数を稼ぐ苦肉の策なのである。
今までケータイ1台持ちだった人が2台持ちになっているのだ。
キャリア間で競争が激化しているとはいえ、そういう売り方はいかがなものだろうか。

一方でPHSの契約者数は毎月減る一方である。一時期約450万人だったが約370万人まで減少した。
ところが解約数の大半は加入者ではなく、元々複数回線所有していた方々なのだという。
つまり音声端末の解約ではなく、データ端末の解約が毎月のように増えていく。
それもそのはず、ケータイキャリアがそれぞれ数Mbpsクラスのデータサービスを提供している現在、わざわざ1Mbpsも出ないPHSのデータ通信を使う人は少ないだろう。

そして先日「もう1台無料キャンペーン」が始まった。
期間内に新規加入すると2台目が事務手数料無しで契約でき、その後もずっと無料で使えるというのだ。
…それ、そのまんま「フォトフレーム商法」ではないのか?
データ通信で対抗できないのは分かるが、音声端末で2台目無料とはそれこそ苦肉の策のような気がするが…。

しかし考えてみれば、2年縛り(期間内に解約すると違約金発生)や新つなぎ放題SP(2年間使えば3880円が980円に)という提供中のサービスも同じ事なのかもしれない。
450万人の加入者数も「契約回線数」であり、データ契約数を差し引くと必ずしも450万人が契約していたとは言えないだろう。
最初は動揺してしまった「もう1台無料キャンペーン」も、経緯的に異色のサービスとは限らない。
「音声端末に力を入れる」とはこのことか。

最近は音声用にPHS、データ用にケータイキャリアを併用する人々も増えた。
2台目需要なんて言葉もあったが、同キャリア内での話では無くなってきている。
中には全キャリア持ち(!)なんていう強者もおられる。
これから通信事業はどのような経緯をたどるのか。PHSは純増に転じるのか。いや、ただ増えるだけでは嬉しくないが…。
色々と複雑だが、自分はPHSの音声・データ端末しか使わないと決めている。
これだけは変わらないのだ。
 
posted by ビター at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | WILLCOM

2010年12月31日

2010年最後は雪

今年は何だかグダグダな更新になってしまいました…。
内容も偏ったものが多くて申し訳ないです。
コンセプトは「京都」のはずが、WILLCOMファンサイトになりつつあります。
まあ、無理に記事を書く事もないですが、来年はもう少し幅広いブログにしたいですね。
…昨年も同じ事を言ったような気もしますが(笑)。

101231-152929.jpg

31日にこの冬初めての積雪となりました。
ちらついた日はありましたが、ここまで積もったのは久しぶりな気がします。
今も降り続ける雪を見ながら書いています。
風情がある…と言えばそうですが、凍結で家に缶詰にならない程度にお願いします(?)。

来年も「ジン&ビターズ」を宜しくお願いします!
 
posted by ビター at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月21日

本当の無料通話

「だれとでも定額」に加入してから半月が経ったが、明らかに通話時間と回数が増えている。
安かろうが高かろうが気にせずケータイを利用できるほど裕福ではないので(?)、今までは何となく月額料金を気にしてメールで用件を済ましてしまう事が多かった。
しかし、相手がケータイだろうと固定電話だろうとIP電話だろうと日本全国通話無料となると訳が違う。
10分/500回の制限があるものの、何の躊躇もなく電話を掛けられる事がここまで快適だったとは!

自分からの発信は勿論、相手からの着信にも配慮できる。

「(プルル・・・)もしもし?ちょっといい?」
「うん、ああ〜こっちから掛け直すから一旦切って良いかな。」
「え?別にいいよ、気を使わなくても。」
「いや、無料通話のプランに入ってるからこっちが負担するよ。」
「へぇ〜じゃあお願いしようかな。」

なんて会話が成立するのだ。まあ、模範解答みたいなものだが(笑)。
掛け直す事に支障がなければの場合だが、お互い通話料無料になるし「だれ定」の良い宣伝にもなる。
いろいろな要素を考えても月額980円は決して高くは無いだろう。
まあ、料金気にせず使っている層には関係の無い(略)

しかしWILLCOMが子会社化されてからようやく実現したのは少し引っかかる。
音声に強いはずのPHSが何故単独で全国展開に漕ぎつけなかったのか。
そんな事は気にせず使いたいが、何かこう悔しいような…。

まあ、親会社より「遅延の無いクリアな通話」ができるだけ良しとしよう。
これだけは万人が認める事実だし。
 
posted by ビター at 22:51| Comment(4) | TrackBack(0) | WILLCOM