2014年09月01日

STAND BY ME ドラえもん

「ドラ泣き」と「3DCG」を前面に出した夏の映画ドラえもん、これはどちらかと言えばドラえもんで育った元子供が楽しめる大人向け映画である。
勿論、お子様も楽しめる内容にはなっているが原作にかなり忠実な為、ターゲットはやはり子供経験者と言って良い。
「のび太の結婚前夜」や「雪山のロマンス」など、名作の数々を再編集して1つのお話にしてみようという1歩間違えれば大コケしそうな企画をしっかり成功させるあたりプロダクションのチカラは凄い。
それも海外勢に押され気味な3D映画に挑戦してこの出来ばえ、よく頑張った!と違う涙が出てしまう。
ただ、やはりピクサーやドリームワークス等と比べてしまうと見劣りするため、あくまでもドラ映画として観るのが良いだろう。
それこそ題材がドラえもん以外だったら大コケしていたに違いない。それだけドラえもんは不変的なキャラクターであり、子供から大人まで知らない人はまず居ない本当に大切なキャラクターなんだなと思う。

ドラえもん

ただ、数々の名作に思い入れのあるファンの皆様にはちょっと山場が多過ぎて、上映時間が長く感じるのではないだろうか。
お馴染みのキャラクターが3Dで動く姿はワクワクするし、お約束の笑いも外していないし、原作で一番重要な涙腺崩壊セリフも声優さんがしっかり表現してくれている。
それだけに次はこの話か、次はこれか、次は(略)…えっ、ここであのエピソードが入るの?そして次は、みたいな感じで、何度も泣き笑いを繰り返す為、「(まだ終わりじゃないんだ)」と映画には御法度なセリフを自分が喋ってしまいそうな衝動に駆られる。
お子様はそんなこと(ピクサーとの違いも)気にしないだろうが、色んな映画を観て目が肥えてしまった大人の感性とは少々残酷なものである。
映画ドラえもんはもっと純粋な気持ちで、子供心に戻って観なければならない。
それこそ「つまんない」となれば大人失格だと思う。
漫画全巻読み返して、もう一度観に行くつもりでいる。

蛇足、「未来を変えろ」というのは二重の意味があること、全カット3Dと思いきや実は…というところも面白みの一つであるから目を凝らして観てみよう。
posted by ビター at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん

2014年06月02日

PHS使いとしてのこれから

自分が好きだったWILLCOMはもう居ない。
6月をもって正式にイー・アクセスに合併となり、ウィルコム株式会社は消滅
となった。
SoftBankに買収されてから盥回しにされ(詳細は省くが)、子会社の子会社となり余生を送る事となる。

それこそPHSという規格はもう無くなってもおかしくないのだが、元々WILLCOMが取得していた2.5GHz帯域をSoftBankのまたまた子会社Wireless City Planning(以下WCP)が保有している為、潰すに潰せない状況だ。
WCPの2.5GHz帯域を利用したAXGP(TD-LTE)サービスは、基本PHS基地局に相乗りするだけでエリアが確保できる。
土地や基地局の確保が省けて展開できる踏み台サービスを思いつくなど倫理的にどうなのか…はともかく、SoftBank自身の基地局もPHS基地局を引っこ抜いて又は相乗りして確保している為、PHSの規格云々より「存在してもらわないと困るインフラ」に変わり果てたのだ。一体どちらが救済しているのか。
10年以上掛けて築いてきたインフラを、たかだか数年前に発足した会社に横取りされてしまうとは皮肉なものである。

随分と辛口な事を言うが、これがSoftBankという会社だ。
元々イー・アクセスも買収される前(当時イー・モバイル)から帯域をSoftBankに貸しており、ちょっとそれはどうなのと総務省から物言いが入って「じゃあ子会社化するから問題ないでしょ」と手の平を返した経緯がある。
言わば買収と合併で成り立っているのがSoftBankであり、そんなセコい事をしながら社長が「世界最強のインターネット」と豪語してしまうあたり間が抜けている。
Sprint買収やヤフーの爆速買収撤回騒ぎ等、挙げれば切りが無いのでこれぐらいにしておく。
誹謗中傷が目的ではないので誤解の無きよう。

で、PHSしか持たない自分はこれからどうするのかという話だ。
本音から言えば爆速で解約してしまいたい。ぶっちゃけSoftBankと同類と思われるなど身の毛もよだつ。関わりたくない。
それでも、PHSへの愛が捨てきれないでズルズルとここまで来てしまった。もうここまで来ればWILLCOMのサービスが存続している限りは使い続けようかと思っている。
今使っているHYBRID W-ZERO3はかれこれ5年目に入り、自分の周りもほとんどが流行のスマートフォンであるから変に浮いている。でも機種変したい端末が無く、たった2ヶ月間だけ受け付けられた前代未聞の「新ウィルコム定額プランG」をそう簡単に手放す訳にはいかない(過去のブログ記事を参照)。
先日「スーパーだれとでも定額」という通話・パケット完全定額なサービスが開始されたが、よくよく詳細を見ればプランGに勝る物ではなかった。
まあ、あーだこーだ変に理由を付けて使い続けるより、昔使っていたdocomoに戻ればいい話なのだが。
然るべき時に戻るかもしれないが、今のところ考えていない。

ウィルコマーのお約束「京ぽん3」も夢となった今、せめてブランドが消滅する前にPHSの限界を試そうと4月にパケットをガンガンに使ってみた。HYBRID W-ZERO3をルーター化して数百kbpsというお世辞にも速くない回線でどこまで行けるのか…

理論値400kbpsの限界!

理論値400kbpsで144,459,276Pkt、1ヶ月で17.2GB使えばPHSへの愛の大きさがお分かり頂けただろうか(←?)。
ともかく、当分PHSオンリーユーザーでいようかと思っている。
posted by ビター at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | WILLCOM

2014年04月15日

はるのあしあと

この季節になると桜の木の下で弁当を食べなきゃいけない衝動に駆られますが、今年は残念ながら所謂お花見をする時間が無かったのです。
とりあえず写真だけでもブログに、と画像ファイルを見ても夜桜ばかり。なんか色々物語りますねぇ。

162.jpg

京阪藤森駅付近の花灯路。観光地ではありませんが、水辺に咲く桜って綺麗ですよね。

164.jpg

こちらも同じく。琵琶湖疏水に沿って桜並木が数百メートルあります。

168.jpg

上の画像の桜を下から。

187.jpg

どこかで撮った枝垂桜。今年は昼間撮った桜が圧倒的に少ない!貴重な青空写真です。

これらは全てケータイで撮った写真です。だからノイズだらけ(汗)。
余裕をもって一眼でじっくり撮りに行きたかったですけど、まあそういう年もあるでしょう。
 

posted by ビター at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月31日

LEGOムービー

自分はレゴブロックで育ったからこの映画「LEGOムービー」の公開を待ちわびていた。
デンマーク製のLEGOはオモチャとしての精練度が高く、子供の創造力に良い影響をもたらすとして数々の賞を受けている。それだけに少々お高いオモチャではあるんだけれども。
フィギュアに名前を付けたりして、レゴの街のお話を作って遊んだものである。

legomovie.jpg

ただ現在の日本において、LEGOの名前を知ってはいてもほとんど遊んだ事のないお子様の方が多い。
どちらかと言えば自分みたいなある程度年齢を重ねた「元子供」にしか伝わらない魅力が大半を占めている。文化的な違いもあるのだろう。
海外では馴染みのあるタートルズやワンダー・ウーマンを日本の子供たちがどれほど知ってるのだろうか。
それだけに予告編のトンデモ感は凄かった。「今でしょ!」や「激おこぷんぷん丸」は無いだろうと。
おそらく広報も相当苦労した苦肉の策だったんじゃないかと思う。

legomovie2.jpg

まあ観始めると予告編の心配は要らなくなったんだけれども、とにかく映像の造り込みが凄くて圧倒されるばかり。
建物や背景はもちろん、炎やレーザービーム、爆発の演出までもが全てレゴブロックで演出される。
単にブロック形状にしただけではなく、キャラに合わせて「ツブツブ」形状の比率が統一されているのもすばらしい。
大半は3Gモデリングによるものだが、本物のブロックを用いたカットもあるらしく、更にはキャラの動きをワザとコマ撮り(ストップモーション)っぽくしているのも泣かせる。
監督自身もLEGOが大好きで育ったそうだから、そうそうそんな風に遊んだよ!というポイントをよく分かっていらっしゃる。
強いて言うなら、せっかくの映像美を堪能する暇も無いほどテンポが速いところか。日本人が造ったらもう少しのんびりした映画になっていたのかなと思う。
それだけに文化のズレを多少なりとも感じる作品でもあった。

とにかく、LEGOで育ってLEGOが大好きな人が造った映画であるから楽しめる層は限られるかもしれないが、それでも映画として十二分に面白いし家族で観るのもいい。
最後に大きな仕掛けが待っているので、なるほど!と心の中で叫んじゃってください。いや声に出しても良いですよ。
posted by ビター at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2014年03月24日

随分と上手くなったリメイク「のび太の大魔境」

リメイクやら続編やらアニメを実写化やら、映画界も飽和状態なのかと思わせる中で新生ドラえもんの立ち位置は安定している。
時にこれはちょっとな作品もあったが、回を重ねる毎に「大人も子供も楽しめるドラ映画とはどういうものか」を追求している感が伝わってくる。
今年の「のび太の大魔境−ペコと5人の探検隊−」はまさしくリメイクに相応しい出来ばえだったんじゃないかと思う。

daimakyou.jpg

無理に新キャラを出したり、変にストーリーをいじったりせず、自分が子供の頃に観た大魔境そのものであった。
かと言って全くそのままではなく、原作ではさらりと流したカットに深みを入れたり、「ここは人間が1度も立ち入った事のない秘境」という世界観を更に広げたり、旧作では表現できなかったであろう技法を積極的に取り入れたりして最後までワクワクして観ることができた。
スタッフさんも旧作や原作を徹底的に調査して、不二雄さんが「ああ、いいんじゃないですか」と言ってもらえるよう敬意を払ったリメイク大魔境に仕上げたんだなと感じた。
ここまで安心して観れる映画はそう多くない。

ちょっと小ネタを。
「この崖、東京タワーより高いんじゃないの!?」というセリフがあるのだが、現代版なら「スカイツリーより高い」じゃなかろうか(笑)。
まあ設定が300メートルだったのか、それとも原作に忠実でありたい心境の表れだったのか、それとも名前を使うとお金が(略)真相は分からないが何かクスッとなってしまったカットであった。
posted by ビター at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん

2014年02月22日

インフルエンザにやられました

先週末から倒れました。インフルエンザです。もう何年もかかった記憶は無いですが。
先日の日曜日に何かおかしいと感じ、夜になって本格的にしんどくなり、次の日朝一で病院に行って「インフルエンザA型」である事が分かりました。

毎回予防接種は受けていたものの、今シーズンは行く暇が無かったというか忘れてたというか、案の定やられました。
体温計の40℃表示久々に見ましたよ。と思ったら、昨年ノロにかかって41℃出てたのでした。
いやもうどちらもほんとしんどかったです…。

しかし最近の医療は凄いですね。タミフルが有名ですが自分が受けたのはイナビル。吸引機みたいな物をその場で2回吸う、それで治療終わり。
え、これだけ?と思いきや、2日もすれば熱はすぐ下がりました。
少し前までは何日もうなされてた様な気がするんですが。
幸い最小限の休みで仕事に復帰できました。

そういえば昨年のノロも3日で治った気がします。
いずれにせよ、かからないのが一番良い。ちゃんと自己管理しないといけませんね。
posted by ビター at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

PHSで10GB以上使ってた!?

理論値400kbpsのPHS回線で1ヶ月どれぐらいまで使えるか、これまでの最高で5000万パケットは超える事ができた。
もうここまでくれば次はその倍1Gパケットを狙いたくなるのは自然な感情。(何か違います)
最近タブレットも手に入った事だし、1月はBluetoothPANをこれまで以上に多用してみた。

さて明細、

PHSパケット

94,326,180Pkt!惜しい!流石に数百kbpsでは無理があるだろうか…。
でも限りなく1Gに近い9000万パケットまでくれば十分と言っても良いかもしれない。1G超えを諦めた訳ではないけどね。


…と、これは後から気づいた事なのだが、もしかして今まで壮絶な勘違いをしていたかもしれない。
つまり1Gパケットと1GB(ギガバイト)を混同してたようなのだ。
自分の中では「あー1GB超えられなかったぁ!」と錯覚していたのだが、そもそも「1パケット=128バイト」である。

すると94326180×128、つまり11.2GB…!ここを参照

なんとまあいつの間にかPHSパケットで10GB超え!そんなに使ったかなぁ?
LTEですら7GB/月の制限があるのにアッサリ超えてしまった。勿論PHSに制限など掛からないけど。

何か間違ってたらご指摘下さい。未だに信じられないのであった。10GB、うーん。
 

posted by ビター at 00:29| Comment(2) | TrackBack(0) | WILLCOM

2014年01月31日

WindowsRTタブレットを使ってみる

最近の板っぺらで画面だけのスマートフォンやタブレットには興味が無かったのだが、ひょんな事からRTタブレットが手に入る事になり、持ち歩いているのだがこれがそこそこ良い。
タブレットを買うならMicrosoftのSurfaceにしようと思ってた矢先、ASUSのTF600Tがタダ同然で手に入る話があったので便乗してみたのだ。
中古で少々難あり品なのだが、タブレット入門としては十分かもしれない。

ASUS TF600T

で、持ち歩く時の接続先は?ご存知(でもないか)ワタシはPHS以外持っていない。なら所々のWi-Fiスポットとか?いえいえ、ここで登場HYBRID W-ZERO3(WS027SH)こと灰鰤さんである。
理論値400kbpsのPHSテザリングでWinRTを運用しているのである。

WS027SHとBluetoothPAN接続

このLTE時代に速度が10分の1にも満たない速度でネット接続などさぞかし辛い…と思いきや、意外とサックリ使えていたりする。
勿論、数十Mbpsで使えば快適なのは分かっている。別途Wi-Fiルーターやテザリング可能なスマートフォンを購入してもいいのだが、1Mbps以下でも何とか使えるならそれで良いじゃないか。別にPHS以外を頑なに使いたくない訳ではないが。

あと正確には灰鰤さんのBluetoothPANという方法で接続している。
その昔、京ぽん2ことWX310Kで使っていたのが懐かしく思い出される時代になったが、また同じ方法でネット接続する事になろうとは。
灰鰤さんのPHSパケットはどれだけ使っても基本料金1450円のままでテザリングオプション等の追加料金は掛からない。
プラスだれとでも定額980円の月額2430円で電話もデータも使い放題なら安い、いや激安と言える月額料金だ。

突然のタブレットデビュー、発売4年目にしてフル稼働する灰鰤さん。面白いモバイルライフじゃないか。
 

posted by ビター at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子機器

2013年11月03日

みんなでもらおうイチキュッパ缶

スマフォ代が1980円である事にあやかってイチキュッパ缶なにそのネーミングセンス。
WILLCOMプラザへ足を運んでケータイを見せるだけでリンゴジュースが貰えるキャンペーンが行われている。
なぜリンゴなのかは、まあ世間を賑わしてる端末に合わせた感じだろうか。
欲しい機種がある訳ではないが、タダならとりあえず貰っておこうか。

IMG_0307.JPG

「リンゴジュースください(WS027SHを見せながら)」
『はいどうぞ。』
「え、それだけ?」
『ええ、何かお考えの機種がありましたか?』
「いえ今のところは…。」
『またのご来店お待ちしております』

これが普通。というか理想。
…察しのいい方はお気づきだと思うが、お約束のやりとりが待っているのであった。

「リンゴジュースください」
『えーそれはどういったご用件で?』
「…ホームページにキャンペーンが出てたので」
『少々お待ち下さい。(奥でPCをカタカタする音、ダンボールを開ける音)はいどうぞ。』
「ありがとうございました(棒)」

「リンゴジュースください」
『?はいお待ち下さい…?(ゴソゴソ「ああこれか…」)』
「キャンペーンって来週からでしたっけ?(白々しく)」
『いえ今日からですよ。はいどうぞ!』
「ありがとうございました(棒)」

「リンゴジュースください」
『はいどうぞ!』
「(お、普通だ)ありがとうございました!」
『宜しければWILLCOMもご検討下さいね!』
「(はいキター)まさしくこれが3年くらい前のWILLCOMスマフォでしてね」
『あ、失礼しました(なんだろうあの機種?)。ご利用頂きありがとうございます。』
「ありがとうございました(呆れ)」

こんなところ。正直、灰鰤ことWS027SHを知っているか、キャンペーンを認識しているかを調べに行ったという確信犯なのです。ジュースが本来の目的ではない。スイマセン。
まあ最初から分かってて来店したのだが。今のWILLCOMは元親会社の人々だらけだから当然と言えば当然。
待ってました!的反応に喜んでいいのか悲しむべきなのか…、悲しむべきなんだろうなぁ。

ともかくケータイ持って来店すればジュースがタダで飲めるという気軽な気持ちでいけばいいのです。別に契約する訳でもないんだし。
しかし、魅力的な機種が全くない(主観)のはいつまで続くのかな…。
 

posted by ビター at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | WILLCOM

2013年10月24日

解体中のイーゴス108

ベトナム行きが決まって解体される直前の写真は晴れ。
解体が始まって、もうすぐ原型が分からなくなるびわ湖タワーことイーゴス108を撮りに行った日は雨だった。
なんか幼い頃の記憶が微かに残っていて、「ああ、『切ない』というのはこういう時に使うんだな」と改めて感じた。

イーゴス108その1

以前は草ボウボウをかき分けて真下まで近づけたのだがこれが限界だった。
大きなクレーンや重機で、雨の中でも金属音を立てながら少しづつ解体されていく。

イーゴス108その2

付近は某量販店や住宅地に囲まれていて、滋賀県の方々には当たり前の景色として溶け込んでいたのだろう。
寂しい気持ちになっているのは自分だけではないはずだ。

イーゴス108その3

拡大してみると作業してる人が居て観覧車の大きさがよく分かる。
しかしこの雨、台風の影響なのだがこのまま作業続けて大丈夫なのかな?というか「びわ湖タワー」の文字も相当大きかったのだなぁ。

さておき、跡形も無くなる前になんとか訪れる事ができて良かった。
ベトナムにわざわざ乗りに行く機会なんてそう無いだろうから、しっかり目に焼き付けておく事にしよう。
欲を言うなら「びわ湖タワー」の文字はそのままで再稼動してほしいな…。無理かな。

21年間お疲れ様でした。
 

posted by ビター at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記