2007年06月23日

BoomBoomSatellites(ブンブンサテライツ)

IMG_1482.JPGIMG_1480.JPG

名前は聞いた事無いけど、音楽は聴いたことある!という方は多い事だろう。
CMソング、ドラマの主題歌、映画の主題歌とサントラ等で活躍しているからだ。
ワタクシは高校時代からのファンであった。
初めて買ったアルバム「Joyride(1997)」は未だにマイベスト3に入っている。
ヨーロッパで「ケミカル以来の衝撃!」と大ブレイクし、ジワジワと日本でも有名になり、大阪モード学園や化粧品のCMに使われるようになる。
ドラマの主題歌に「BLINK」が使用され、知名度がグンと上がる。
そして映画「APPLESEED(アップルシード)」の主題歌とサントラで音楽性も更なる進化を遂げ、現在に至っている。
今年の夏公開の「ベクシル-2077日本鎖国-」の挿入歌で最新曲「EASY ACTION」が登場だ。
予告編で一部流れているので是非聴いてみて欲しい。

ただ個人的には昔の方が好きだったかな・・・。
精錬度はアップしているものの、最近のはBGMとして聴くにはちょっとしんどいかも。
「Joyride」のような落ち着いた感じの音楽性が好きだったから、今後の展開に期待したい。
聴いた事が無い方はまず「Joyride」を購入する事をお薦めする。
10年経った今でも斬新な音楽性に魅了されるだろう。
posted by ビター at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2007年01月28日

び〜ばっぱっぱらっぽ〜

IMG_0989.JPG

タイトルにピンときた方は多い事だろう。
そう、「スキャットマン」である。
この曲が流行ったのは1995年であるから、もう12年も前の事になる。
テレビを付けてもラジオを聴いても、「び〜ばっぱっぱらっぽ〜」一色だった事を記憶している。
洋楽のCDを初めて買ったのがこの「SCATMAN'S WORLD(Scatman John)」だった。
いや、CDを買ったのもこれが初めてだったかもしれない。
そのため思い入れも強く、今でも時々持ち出しては聴いている1枚である。
当時学生だったワタシはCD一つ買うにも苦労していたような懐かしい記憶もある。
そして将来自分で稼ぐようになったら「月に最低5枚は買う」等と夢を膨らませていたものだ。
ところが現在自分で稼ぐようになっている訳だが、月に1枚買うか買わないか程度である。
別に買おうと思えばいつでも買えるが、学生の時ほど思い入れが弱くなったというか、本当に欲しいと思ったCDしか買わないというか、それとも音楽そのものに特別関心が無いのか、どう表現したらよいのだろう?
もしかしたら「暇はあるけどお金は無い、暇は無いけどお金はある」的法則とはこの事かもしれない。
いや、別に暇が無い訳ではないが…
少しややこしくなってきたので「スキャットマン」を聴いて思い出に浸る事にしよう。
posted by ビター at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽