2014年09月01日

STAND BY ME ドラえもん

「ドラ泣き」と「3DCG」を前面に出した夏の映画ドラえもん、これはどちらかと言えばドラえもんで育った元子供が楽しめる大人向け映画である。
勿論、お子様も楽しめる内容にはなっているが原作にかなり忠実な為、ターゲットはやはり子供経験者と言って良い。
「のび太の結婚前夜」や「雪山のロマンス」など、名作の数々を再編集して1つのお話にしてみようという1歩間違えれば大コケしそうな企画をしっかり成功させるあたりプロダクションのチカラは凄い。
それも海外勢に押され気味な3D映画に挑戦してこの出来ばえ、よく頑張った!と違う涙が出てしまう。
ただ、やはりピクサーやドリームワークス等と比べてしまうと見劣りするため、あくまでもドラ映画として観るのが良いだろう。
それこそ題材がドラえもん以外だったら大コケしていたに違いない。それだけドラえもんは不変的なキャラクターであり、子供から大人まで知らない人はまず居ない本当に大切なキャラクターなんだなと思う。

ドラえもん

ただ、数々の名作に思い入れのあるファンの皆様にはちょっと山場が多過ぎて、上映時間が長く感じるのではないだろうか。
お馴染みのキャラクターが3Dで動く姿はワクワクするし、お約束の笑いも外していないし、原作で一番重要な涙腺崩壊セリフも声優さんがしっかり表現してくれている。
それだけに次はこの話か、次はこれか、次は(略)…えっ、ここであのエピソードが入るの?そして次は、みたいな感じで、何度も泣き笑いを繰り返す為、「(まだ終わりじゃないんだ)」と映画には御法度なセリフを自分が喋ってしまいそうな衝動に駆られる。
お子様はそんなこと(ピクサーとの違いも)気にしないだろうが、色んな映画を観て目が肥えてしまった大人の感性とは少々残酷なものである。
映画ドラえもんはもっと純粋な気持ちで、子供心に戻って観なければならない。
それこそ「つまんない」となれば大人失格だと思う。
漫画全巻読み返して、もう一度観に行くつもりでいる。

蛇足、「未来を変えろ」というのは二重の意味があること、全カット3Dと思いきや実は…というところも面白みの一つであるから目を凝らして観てみよう。
posted by ビター at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん

2014年03月24日

随分と上手くなったリメイク「のび太の大魔境」

リメイクやら続編やらアニメを実写化やら、映画界も飽和状態なのかと思わせる中で新生ドラえもんの立ち位置は安定している。
時にこれはちょっとな作品もあったが、回を重ねる毎に「大人も子供も楽しめるドラ映画とはどういうものか」を追求している感が伝わってくる。
今年の「のび太の大魔境−ペコと5人の探検隊−」はまさしくリメイクに相応しい出来ばえだったんじゃないかと思う。

daimakyou.jpg

無理に新キャラを出したり、変にストーリーをいじったりせず、自分が子供の頃に観た大魔境そのものであった。
かと言って全くそのままではなく、原作ではさらりと流したカットに深みを入れたり、「ここは人間が1度も立ち入った事のない秘境」という世界観を更に広げたり、旧作では表現できなかったであろう技法を積極的に取り入れたりして最後までワクワクして観ることができた。
スタッフさんも旧作や原作を徹底的に調査して、不二雄さんが「ああ、いいんじゃないですか」と言ってもらえるよう敬意を払ったリメイク大魔境に仕上げたんだなと感じた。
ここまで安心して観れる映画はそう多くない。

ちょっと小ネタを。
「この崖、東京タワーより高いんじゃないの!?」というセリフがあるのだが、現代版なら「スカイツリーより高い」じゃなかろうか(笑)。
まあ設定が300メートルだったのか、それとも原作に忠実でありたい心境の表れだったのか、それとも名前を使うとお金が(略)真相は分からないが何かクスッとなってしまったカットであった。
posted by ビター at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん

2011年03月06日

新・鉄人兵団

昨年の「人魚大海戦」は、気合の入ったオリジナル作品ながら高評価とは言えなかった。
そして今年、1986年のリメイク「新・鉄人兵団」となる。
映画ドラえもんの中でも評判の高いこの作品がどうアレンジされるのか楽しみであった。

謎の信号を発するボールによって巨大なロボットが地球に送り込まれ、ドラえもん達は鏡の世界(左右対称の誰も居ない世界)に運び入れる事にした。
ザンダクロスと名付けたロボットで遊んでいたのもつかの間、実は恐ろしい破壊兵器だと分かった彼らは鏡の世界に隠しておく事にした。
そんな中、同じくボールによって導かれたリルルという少女が現れ、のび太はジュド(ロボットの本名)の居場所と鏡の世界への入り方を教えてしまう。
同時に謎のボールがジュドの頭脳部分だと知ったのび太達は、意思を通わす事のできるヒヨコ型に変形させピッポと名付ける。
しかしリルルとジュド、そしてピッポは「人類捕獲作戦」を密かに進行させていた。
既にリルル達の故郷「メカトニア」から鉄人兵団が地球へ向かっている!
思いとどまらせようとするドラえもん達と意思を通わすに連れ、ピッポとリルルは人類を奴隷にする事が正しい事なのか疑問を持ち始める…。

ハンカチを忘れずに!

リメイク作品には新キャラが付き物だが、今回はジュドの頭脳を親しみやすいヒヨコ型にする事で話に深みを出す手法が取られている。
原作ではドラえもん自らジュドの頭脳を改造する事で味方にしたが、今回はリルルとピッポが少しづつ心を開いていく様が描かれる。
そのあたりの構成は2007年の「新・魔界大冒険」と同じくらい面白く、原作には無かった彼らの過去も描く事でより一層キャラに共感し易くなっている。
祖国メカトニアで何があったのか、リルルとジュドの頭脳の関係は?
子供達にとって難解にならずにストーリーの幅を広げるあたりが素晴らしい。

映画を観る前、少し心配だったのは近年の条例により「保守的な内容」になるんじゃないかという事。
たぶんあのシーンはカットされるだろうな…と思いきや、原作そのままの描写に拍子抜け(笑)。
まあそのあたりはあまり語らないでおこう。劇場でドウゾ!
それよりもラストの緊張感、そして号泣必須のリルルの決断、そして主題歌「友達の唄」が…。
オリジナルストーリーを加えつつ、原作に忠実でキャラクターが生きている。
非常に楽しい新生ドラえもん映画であった。満足満足!
 
posted by ビター at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん

2009年03月17日

新・のび太の宇宙開拓史

新・のび太の宇宙開拓史毎年ながらオマケが嬉しい

リメイク映画には「新キャラ」がお約束。
時にそれは原作を良くも悪くも揺さぶる事がある。
この度の映画ドラえもん「新・宇宙開拓史」には、「モリーナ」とその父「バーンズ博士」が新キャラとして加わる。

畳の下が宇宙に繋がって、ドラえもんたちは地球と「コーヤコーヤ星」を行き来できるようになる訳だが、それを阻止しようと「ダウト&ウーノ(旧作ではメス&ゴス)」が入口を探し出す場面がある。
原作(漫画)では少し強引な展開だったが、「新キャラ」による「親子関係」を用いる事でマイルドになっている。
またクライマックスの「のび太VSギラーミン」が原作により忠実になっており、ファンの期待を裏切らない。
更に「コア破壊装置」の緊迫感がラストを盛り上げる。
このあたりは一昨年の「新・魔界大冒険」の脚本を担当した真保裕一氏による技量だろう。

・・・とは言うものの、少々話の山場が多くて「のび太VSギラーミン」の原作の一番の山場が薄れているような気がする。
新たに加えられたストーリーにより、「結局山場は何処?」と感じてしまった。
それはそれで面白みがあるのだが、「モリーナ」と「バーンズ博士」に美味しい所を持っていかれたような・・・。
あの展開は反則だぁ(良い意味で)。

何はともあれ昨年の「緑の巨人伝」よりも脚本が丁寧で満足である。
「緑の巨人伝」はクオリティこそ高かったが、ちょいと保守的なストーリーにもどかしさもあったからね。
それでも毎年新たな発見があるし、嫌味の無い教訓をさり気無く訴えかけてくれる。
本当に計算された「新生ドラえもん」を楽しめて嬉しい。
これなら藤子・F・不二雄氏も満足だろう。
posted by ビター at 17:32| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラえもん

2008年03月09日

緑の巨人伝

緑の巨人伝このボリュームで500円は安い!

昨年の「魔界大冒険」は脚本や演出が「原作のリメイク」に相応しい素晴らしい出来だった。
そして今年の3/8、「緑の巨人伝」が公開される。
これは「ドラえもん」第33巻に収録されている「さらばキー坊」のリメイク、と言うより原作の拡張版という感じかな?
言わば「新装ドラえもん」初のオリジナル作品と言っても良い。

昨年はストーリーの面白さで引き付けられたが、今作は作画の面白さで引き付けられた。
所々にピュアな(純粋な)ギャグが盛り込まれているのでハラハラドキドキに成り過ぎる事無く、かと言って笑いばかりだけにならない構成は素晴らしい。
キー坊も原作から作画が大きく変わったが、ちゃんと「キー坊」のイメージであり違和感が無い。
そしてキャラがよく動く!背景画も凄く丁寧だ。
作品毎にどんどん作画のクオリティが上がっているように感じる。

少し引っ掛かったのは、中盤以降のストーリー。
それまで「キー坊」や「緑の星の王女リーレ」たちの関わりがテンポ良く語られるのだが、終盤に掛けていきなり急展開し始める。
「あれ、今のどうなったの?」「ええ!もう出てきたの!?」と頭が付いて行かない(自分だけかな?)。
1回観賞しただけで子供たちは理解できるのだろうか?というぐらいテンポが速い速い。
これはもう一度目を凝らして観に行かなくてはならないようだ(笑)。
でも最後は綺麗な終わり方をするので焦らずに。
そしてハンカチのご用意を。

エンドロールを最後まで観た方、そして大長編ドラえもんを知り尽くした方には「来年のタイトル」が大体予想できる。
最後までゆっくり楽しみましょう。
お楽しみにとっておきたい方は早めに席を立ちましょう(笑)。
posted by ビター at 21:53| Comment(3) | TrackBack(0) | ドラえもん

2007年08月21日

みんなのドラえもん展

IMG_1789.JPGIMG_1780.JPG

今日は仕事の合間を見つけて、京都駅の美術館で開催中の「みんなのドラえもん展−魅力の秘密−」を観て来ました。
以前大阪のサントリーミュージアムで開かれたものとは規模は小さいものの、内容は互角だと感じました。

最初はお約束の歴史年表に照らし合わせてドラえもん誕生が語られます。
まず驚いたのが全てが「原画」だと言う事です。
流石に年表だけかなと思いつつ次へ進むと、ドラえもんの秘密道具、名作(「ドラえもんだらけ」等)、単行本の秘話等など・・・
何もかもが贅沢に「原画」で説明がなされます。
ワタクシは長年のファンでありましたが、ここまで多くの「原画」を観たのは初めてです。
勿論撮影は禁止ですので写真はありませんけどね。

「ドラえもん展」と聞くと、子供向けの響きがしますが、この「みんなのドラえもん展−魅力の秘密−」はどちらかと言うと硬派な展覧会です。
個人的にはジャン・カルリュやエドゥアルド・アロージョを観に行くのと意味合いは変わらないと感じました。
子供さんも沢山おられましたが、最後のドラえもんグッズコーナーが一番盛り上がっておりました(笑)。

単行本を全て熟読している方には、非常に贅沢な一時を過ごせるでしょう。
そんなに長い時間は居られませんでしたが、改めて「ドラえもんを好きで良かった」と感じました。

で、せっかく京都駅にまで足を伸ばしたので高台に上って
「人がゴミのようだ!」と叫んで仕事に戻ったのでした。

IMG_1784.JPGIMG_1786.JPG

posted by ビター at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん

2007年07月13日

2008年新作は「緑の巨人伝」

来年の映画ドラえもんタイトルが発表された。
「のび太の緑の巨人伝」。
今回はリメイクではなく、新装ドラえもんオリジナルのストーリーになるのかな?
キー坊が登場する事から、原作に何らかのオマージュがあるようだ。
昨年の「魔界大冒険」がとんでもなく面白かったので、今回も期待を裏切らないと確信している。
公式サイトが公開されているのでどうぞ。

何だかサイトが妙に重たいが・・・。
アクセスが集中しているのか、それともフラッシュの影響かな。

posted by ビター at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん

2007年04月17日

新魔界大冒険

IMG_1262.JPGIMG_1263.JPG

ビター的ドラえもんの魅力について語りたい所だが、まずは最新作の感想から。
話が前後してゴメンナサイ。

「のび太の恐竜2006」に引き続き、リメイク第2作目「新魔界大冒険〜7人の魔法使い〜」が上映中だ。
この「魔界大冒険」のようなタイムパラドックスの話は大好きで、映画ドラえもんの中でも指折りに好きな作品だ。
今回は冒頭から大幅なオリジナルストーリーで始まり、さらにヒロイン「美夜子」の家族関係により深く迫る作品に仕上がっている。
さらに原作のストーリー後半で少ししか登場しなかった「メジューサ」も冒頭から登場し、映画全体として重要な役を占めている。
実はその正体は・・・?内緒(笑)。
そしてストーリーがとにかく面白い。
「そう来たか!」と何度もどんでん返しがあり、ミステリック感が原作より深くなっている。
かと言って原作の雰囲気を損なわず、お決まりのシーンも勿論外していない。
ドラミ役に千秋さんを抜擢したのも大正解だろう。
しいて言うならば、クライマックスの人間対魔族の戦いをもう少し長くしても良いんじゃないかという事ぐらいかな。
でもドラえもんファンのワタシには大満足の映画だった。
原作、そして1984年の前作に思い入れのある年齢層の方々を裏切らない最新作「新魔界大冒険」。
作り上げたスタッフの方々にエールを送りたい。

ちなみにエンドタイトルが終わるまで決して帰ってはいけない事を最後に述べておこう。
posted by ビター at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん

2007年03月19日

一家に一台ドラえもん

IMG_1187.JPGIMG_1188.JPG

子供の頃からドラえもんが好きで、現在も進行形だ。
昨日のesからの写真(画像悪し)でその一部をご理解頂けたかもしれない。
マニアでは無いけど、漫画は全巻あるし、フィギュアも少なからずあるし、映画館にも足を運んでワクワクもする(それをマニアというのかな)。
「のび太の恐竜2006」では2回足を運び、2回とも大泣きした。
「どういう意味で好きか」と聞かれたら、どう表現したら良いのか分からないが、あえて言葉にするなら「嫌味無く純粋にドラえもんが好き」としか浮かばない。
子供の頃からテレビも漫画もそれほど興味が無く、見るとしたらドラえもんだったって感じかな。
ドラえもんには「ある程度年を重ねた人に必要な要素」が盛り込まれていると思う。
自分としては、「子供の漫画」という位置づけはしたくないのである。

まずは「ドラえもんチャンネル」へどうぞ。
posted by ビター at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん