2016年07月30日

シン・ゴジラ

シン・ゴジラが公開決定。ってゴジラは何回復活するのか、少々呆れ気味だったのが正直なところである。
メカゴジラの逆襲(75年)からゴジラ(84年)まで空白があり、ゴジラVSメカゴジラ(92年)でシリーズ終了…のはずがハリウッド版の公開が遅れたためゴジラVSデストロイア(95年)まで引き伸ばされて終了、ゴジラ2000ミレニアム(99年)で復活してゴジラファイナルウォーズ(04年)で本当にシリーズ完結!
筋金入り(自称)のゴジラオタクだった私は「ああもうゴジラは本当に終わるんだな」と腹をくくったわけだが、2016年に新ゴジラ公開と知っていやいやあれだけもう製作しません終わりですと言っておいて何なんだ、しかもタイトルが「シン・ゴジラ」ってそのまんまじゃないか、まるでエヴァン〇リオンではないか、そうなのである。監督が〇ヴァでお馴染み庵野秀明さん。いやいやそれは(略)

shingodzilla.jpg

まあこんな感じで困惑気味だったのだが実際観てみるとこれはビックリ、良い意味で期待を裏切られ、今の日本だからこそ表現できる新ゴジラを見事に表現してくれた。
あらかじめ断っておくが、自分はエ〇ァンゲリオンに全く興味は無いし作品もしっかり観たことがない。
逃げちゃダメだとかあんたバ〇?とかATフィールドとか代わりはいくらでもいるとか人類補完計画とか気持ち悪いとかぐらいの知識しかない。
しかしこの面白さはなんだろう。怪獣映画として観るのは勿体無すぎるぐらいの人間ドラマが描かれている。日本の縦割り行政の面倒臭さや災害時における緊張や混乱が他の映画では観られないほどリアルに表現されていて(外交はやや大雑把だが)、キャッチコピーの「現実対虚構」に相応しい恐怖映画の誕生である。
そして役者を正面からアップで撮るカメラワークがまた良い。アニメ監督ならではの表現であって、冒頭に頻繁に出るテロップや緊迫時に流れる音楽がそれを感じさせる。あっ、エ〇ァに興味は無いんだった。
おそらく絵コンテ段階でかなり二次元的な要素が盛り込まれていて、そこにゴジラという巨大で恐ろしくて日本を代表するキャラクターとして恥じない仕方で計算し尽した企画書が挙がっていたはずである。
「現実にゴジラが現れたらどうなるのか?」という長年のゴジラフリークのテーマにしっかり応えてくれている。これも素晴らしい。「こんなのゴジラ映画じゃない!」と言えばそれは監督や製作者への最高の褒め言葉である。本当にゴジラが好きならぐうの音も出ないはずだ。まあそれは人それぞれだが。

shingodzilla2.jpg

着ぐるみではないフルCGのゴジラに不安もあったが、ここまで背景と違和感が無ければ十分だろう。むしろCGだからこそ恐ろしいゴジラが表現できたのではないか。洋画と比べれば見劣りはするが、それは監督も観客も承知の上だ。
模型の中で着ぐるみで暴れてくれなきゃ!という気持ちはあるが、そんな事を言い続ければ怪獣映画はおろか邦画全体が衰退していくだけだろう。諦めたわけではないが時代の流れとはそんなものだ。

全く新しい形で製作されたシン・ゴジラ。個人的に満点とまではいかないが、こういう形での「復活」ならいくらでも試みてほしい。願わくば惰性でダラダラ続編を製作しないでほしいと言ったところか。

あとエンドタイトルで、幼少期に初めて観に行ったゴジラ映画のサントラがそのまま流れたことがあまりにも嬉しかったことを付け加えておく。
posted by ビター at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴジラ

2014年09月14日

GODZILLA 2014

カテゴリに「ゴジラ」を加えておきながら数年間放置とは、隠れ怪獣映画フリークの私としたことが。

さておき、1998年のローランド・エメリッヒ監督による「GODZILLA」から16年、2度目の海外版ゴジラがこの度公開された。
前作は怪獣映画というよりもディザスター・フィルム(パニック映画)だったが、2014年の「GODZILLA」は全体を通して「怪獣映画はこうでなくてはいけない」感が伝わってきて好感が持てた。
デビューして間もないギャレス・エドワーズ監督にゴジラのリスペクトを任せて大丈夫なのかという不安もあったが、ここは自身のゴジラマニアを公言するだけのことはある、日本では絶対作れないレベルのゴジラ映画を完成させている。

IMG_0050.JPG

1954年の第1作目の「ゴジラ」は、戦後間もない日本が反戦・反核への思いを込めて製作し、同時に「今後発達していくであろう科学への警鐘」を訴えた作品でもあった。
それから60年後、世界はどうなったか。生活は豊かになったがリスクも大きかったことを昨今の日本は痛いほど経験している。
そんな中ゴジラ再リメイクである。これは監督も保守的にならざるを得ないだろう、と思いきや、良い意味で包み隠さず描いてくれた。賛否は分かれるだろうがそれは60年前のゴジラも同じだった。何時の時代も「映画が現実を語って」きたのだ。

なんてカッコつけるのはこれぐらいにして、98年のリメイク第1弾がゴジラ映画と呼ぶには微妙だったのに対し、今回は造形からBGMまで日本へのオマージュが散りばめられていて、ちゃんと怪獣映画になっていることにまず一安心。
変な日本家屋や日本語がヘタな日本人は風物詩みたいなものだし、それは笑って誤魔化せる。
極秘の組織や謎の生命体は、ゴジラの全貌がスクリーンに映し出されるまでの期待を大いに盛り上げてくれる。そしてゴジラ登場!お約束の鳴き声!思わず拍手したくなる(笑)。
意味も無くビルをぶっ壊したりしないし、軍隊に反撃したりしないところは日本のゴジラとちょっと違うが、これは誰がどう見ても「ゴジラ」である。

少し残念だったのは生物としてのゴジラがちっとも怖くないところ(見た目は怖いが)。
怪獣映画なら怪獣同士の戦いが見たいし、人間がちっぽけ過ぎてあまりにも無力、このあたりはしっかりスクリーンで堪能できるが如何せんゴジラが怖くない。これはちと問題。
不気味な生命体の方がよっぽど怖い存在感を放っているため、そこへ生態系のバランスを戻しにやってきたゴジラさん登場ではただの良い人(怪獣)だ。
これならエメリッヒ監督が描いたGODZILLAの方がよっぽど怖かったし、数あるディザスター・フィルムを手掛けてきたスキルは見事なものだった。ゴジラ映画として観なければよく出来ていたし。
まあ、ギャレス監督にそこまでの力量を求めるつもりは無いが、怪獣王ゴジラを今後リスペクトするなら「恐怖映画」を追求してほしい。日本の1954年版はまさにそれだったのだから。

それでも、今までどの映画でも観たことの無い不可思議なストーリー、研究に研究を重ねたであろうゴジラの真髄。監督のこだわりは並大抵のものではない事は十分感じられたから、今後彼の作品は必ず観にいきたい。
彼なら絶対面白い映画を作ってくれるに違いない。
 

posted by ビター at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴジラ

2007年06月08日

ゴジラ(1954)

1954年、全世界の映画業界を大きく揺るがす映画が登場した。
それが日本発だというのは光栄な事だ。
何を隠そう「ゴジラ(1954)」なのである。
スティーブン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカス、ジョン・ウィリアムズ等の映画監督や作曲家が、この映画に影響されたという事実は有名な話だ。

当時の日本は戦後10年経たない不況の時代。
さらに当時の「特撮」は陽の当たらない隠れた存在であった。
その中で「反戦への思い」を込め、今までの常識を覆す「特撮主体」の映画を世に送り出す。
それが大成功を収め、約960万人を動員するという異例の大ヒットとなった。
当時の映画館数で900万人以上というと、現在ではどれくらいの動員数になるのだろう?

水爆で目覚めた怪獣が日本にやって来て街をメチャクチャに、と単純な想像で観てしまうと度肝を抜かれてしまうので要注意。
まだ観た事の無い方はとにかく観て欲しい。
戦争の空しさ、絶望、悲しみ、恐怖が身に染みて実感できる事だろう。
公開されてから半世紀以上経つが、未だに現代の映画界の原点を維持し続ける作品である。

内容についてはまた後日。
posted by ビター at 23:43| Comment(1) | TrackBack(0) | ゴジラ

2007年04月23日

ゴジラとの人生

IMG_1269.JPGIMG_1270.JPG

ゴジラが好きだ。
どれくらい好きかというと、1にゴジラ、2にゴジラ、3、4もゴジラ、5もゴジラです。そういうカテゴリです。4649です。4649もゴジラです。
え〜、めっちゃパクリですが(powerさん失礼しました!)、とにかく幼い頃からゴジラと共に育ったのである。
事の始めは父親が「ゴジラVSキングギドラ(1991年)」のビデオを借りてきたのがきっかけだ。
「なんて面白いんだ!」と子供心に深く浸透し、以来ゴジラのゴの字を見るだけでも反応する様になった。
あのテーマソングを聴くだけでワクワクしたり、ゴジラの曲と全く関係ない音楽でも「あ、これゴジラっぽい!」と喜んだものだ。
ゴジラスーツを自分で作った事もある(笑)。
初めて映画館に連れてもらったのが「ゴジラVSメカゴジラ(1993年)」で、それ以来毎年欠かさず観に行っている。
人それぞれ「ゴジラ黄金期」があるが、ワタシにとっての黄金期は「平成ゴジラシリーズ」である。
父親は初代キングギドラ時代が黄金期らしい。
その時代が一番ゴジラが輝いていた時代だねぇ(遠い目)。

とここまで書いて皆さんもお気づきだろうが、「GODZILLA FINAL WARS」でゴジラ映画は終了したのである!
「近頃の若者はゴジラを必要としていないのか」と思うと非常に残念であり、夜も眠れます。
でも!ワタシは現在進行形です!
何故そこまでゴジラに魅力を感じるのか、一気に語ると一晩あっても足りないので少しずつ語って行きたい。
posted by ビター at 22:01| Comment(2) | TrackBack(0) | ゴジラ