2016年08月28日

君の名は。

「目が覚めると、なぜか泣いている。」
そんな言葉で始まる予告編の新海誠氏最新作「君の名は。」が公開された。
彼の作品が好きで好きで好きでたまらなくて、気が付けば10年以上追い続けてきたことになる。
今回の作品は長年のファンなら「あっ、この場面見たことある!」と思わず口に出してしまいそうなサービス精神溢れる長編映画となっている。
こういうファンサービスに応えられるフットワークの軽いプロダクションも珍しい。

君の名は。1

夢の中で入れ替わるという「瀧」と「三葉」。一見ベターなようで意外と見たことないような世界観で、冒頭は彼らのドタバタ日常から始まる。まずここで長年のファンは違和感を覚える、と言っても良い意味でなのだが、新海監督らしいテンポの速いカット割りやモノローグがほとんど無く、随分と分業スタイルに慣れた印象を受ける。
「雲のむこう〜」や「秒速5センチメートル」では監督が一から十まで手を加えた為か、「現場が辛すぎて…」と監督自身が語っていた時期があり、今回は任せるところは任せるっと割り切って製作できたんだなと随所で感じられる場面が多い。それが良いのか悪いのかはファンを始めとした観客にゆだねられる。

ま、そんな小難しいことは置いておいて、千年ぶりの彗星が流れる夜空が美しいキービジュアル、大抵の人はこの彗星が2人を入れ替えてしまう原因になる、と観る前は予測するのだが、実際観てみるととんでもない、結構な衝撃を受ける予測不可能な展開が待っている。心だけが入れ替わって身体はそのままという前半の面白おかしいコミカルな展開に慣れていれば尚更だ(だからこそ避けては通れない「そういう」生々しい描写はもう少し抑えてほしかったが)。ここで初めて冒頭の「目が覚めると、なぜか泣いている。」という本当の意味を理解することになる。

そして新たな試みの1つであるRADWIMPSによるサントラ。主題歌や挿入歌のみならず全編の音楽を担当するというこれまた珍しい試みも今回の作品の目玉だ。自分自身、名前は知っていたものの特に好き好んで聴いていた訳ではなかったから、新海作品によってRADWIMPSを知った、と言っても過言ではない。それだけに「星を追う子ども」以上にこれまでの作品と印象が全然違うように感じられた。監督個人の好きなアーティストに音楽を担当してもらえるなんて、「感無量」とはこういう時に使う言葉なのだろう。
…なのだが、ファンだから言わせてもらうと、主題歌は彼らでも良かったが、サントラは天門さんに担当してもらいたかった。前作「言の葉の庭」から天門さんは新海作品に参加しておらず、ファンとしては正直残念なのだ。あれほど切っても切り離せない新海×天門のタッグはどこに行ったのか。「とある」ルートで事情を聞いたのだが、まあそんなことをここで語る必要もあるまい。

君の名は。2

とにかく、この作品で初めて新海作品も観る方も、長年のファンの方も非常に楽しめる作品に仕上がっている。特にラストは「秒速〜」で補間し切れていなかったモヤモヤに、パズルの最後のピースがピタッとはまる様な清々しい涙が流れる。この終わり方はファンにとっても本当に素晴らしかった。監督自身「秒速〜」も「星追い」も、世間からは自分が意図したものとは少し違う受け止められ方をされてしまったと言っておられたから、本当に繊細に計算されたラストなのだと思う。ここでは新海監督らしいテンポのいいカット割りやモノローグが健在だ。キービジュアルの階段カットの印象が、映画を観る前と観た後では180度変わることだろう。

ファンサービスや好みのアーティストの起用、これほどフットワークの軽い今だからこそ、是非とも、これはSNSでも何度も言ってることだが「ほしのこえ」を現在のスタッフ体制でリメイクしてもらいたい。これは私個人だけの話ではなくファンの多くが望んでいることなのだ。プロダクション(組織)が大きくなればなるほど、今のような自由度は効かなくなる。大人の事情とはそういうものだから、今のうちにGOサインが出ることを願ってやまない。
posted by ビター at 01:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 新海誠

2013年05月31日

「言の葉の庭」初回観てきました

新海誠監督の最新作「言の葉の庭」を本日朝一で観てきました。
平日の朝からなんと贅沢な、という話ではなくて、「だれかのまなざし」と同時上映で丁度1時間ほどになります。
前作の長編「星を追う子ども」のファンタジーから一変、新宿のど真ん中が舞台になり、そういう意味では「秒速5センチメートル」に近いストーリーになるのかなと当初は思っていました。

IMG_0030.JPG

しかし冒頭から、ああこれは新海ワールドの新しい側面だなという、現実をトレースした映像美に惹きつけられましたね。
電車にしてもビルにしても、普段見慣れた景色がアニメーションならではのカメラワークで展開していきます。
ファンタジーなら映像に色んな嘘がつけますが、現実は「あ、これは」と見慣れているだけに嘘がつけない。
単純に見えるカットでも手間隙掛けて、忠実に切り取っていく作業は本当に大変だと思います。
それはそれで面白みもあるんですけども。

作品の主役とも言える「緑と雨」。新たな試みですね。雨に濡れた緑ってこんなに綺麗だったかな、雨の都会ってこんなに切なく美しかったかな、監督は本当に本当によく観察しておられると思います。
そして背景と一体化するタカオとユキノ、15歳と27歳という一回り離れた関係ではありますが、不思議と感情移入できるのは何ででしょうね。まあ自分はあんなしっかりした15歳ではなかったと思いますが(笑)。

音楽にKASHIWA Daisuke氏、主題歌に秦基博氏を起用したのも「秒速〜」より違うなと思わせた要素でもありますね。
カットに合わせたシンクロにも鳥肌が立ちました。
背景美術と人物と音楽の一体感は流石と言うべきか、新海クリエイティブとはまさしくこれだ!と滲み出てました。
欲を言えば、天門氏が音楽を手掛けたらどうなっていたか観たかった気もしますが。

IMG_0031.JPG

さておき、個人的には「秒速〜」より好きな作品になりました。
46分という短編ながら丁度いい長さで後味も悪くなく、自分の観たかった新海監督の映像美を楽しめて本当に良かったと思います。
冒頭からエンドロールの後まで、目を凝らしてご覧下さい。
posted by ビター at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 新海誠

2011年06月05日

『星を追う子ども』から「演出」を知る

背景の演出が凄いというよりも、背景と動画の一体感が素晴らしいとでも言いましょうか。

デジタルペイントが普及した今、アニメーション製作への壁は低くなったかもしれません。
何万枚ものセル画を永遠と手作業で塗るよりは楽…ではないんですねこれが。
デジタルだからこそ可能になった技法はグンと増えましたから、それを極限まで生かそうとするとそれこそ気の遠くなる作業が待っているのです。

自分が新海作品に魅かれる要素の大部分はこれですね。
今回の作品は人物の動きが今まで以上に繊細になってますが、背景に動画を貼り付けるだけではあんな映像にはなりません。
いくつものフィルタを重ねて初めて動画が静止画に溶け込む、この工程を省くと人物が妙に明るくなったり、いかにもデジタルペイントのベタ塗り感が目立ってしまう。本当に全体のバランスを考えた作品だと思います。

リピーターキャンペーンの非売品ポスター

デジタルならではの技法として、アスナとミミが見送る電車が挙げられます。
トゥーンシェイダーを用いて3Dモデリングに輪郭線を出し、更にビットレートを落とす事で2Dとの違和感が無くなっています。
冒頭の鉄橋、アパッチ(ヘリコプター)、終盤のシャクナ・ヴィマーナも同じです。
折角の3DCGをコマ落ちさせるなんて!ではなくて、その工程が無いとそれこそCGのヌルヌル感が出てしまうのでワザとカクカク感を出す。
つまり「アニメっぽくさせる」高度な作業と言えるでしょう。

今までの作品でも見られましたが、逆光のカットが多いですね。
逆光になると必然的に人物が薄暗くなりますが、逆光で差しこむ光でキャラクターを際立たせる演出は本当に美しいです。
日常の1コマをアニメにするのは誤魔化しが利きません。それはそれで面白い作業ではありますが、光の表現1つにしても気を遣います。
一方アガルタ世界でも太陽が昇り沈みます。どこか見た事のあるような景色ながらファンタジーの世界。
それでも雲の下に落ちる影、雲自身に掛かる影、雲の隙間から差しこむ光。異世界でも地球のどこかにありそうな景色を描く事で作品にスッと馴染む事ができるんじゃないかと思います。

夷族の巣からの脱出(COMPLETEブックから)

その他、アモロートの兵との戦いのシーン。作品の中でも見せ場の1つだと思いますがアクションが凄いです。
新海監督はこういう演出にも力を入れたのだなぁと感心すると同時に、モリサキの銃を阻止する為にシンが投げた剣が岩に突き刺さるカット。その剣にモリサキの驚いた顔が一瞬写り込んでいたりします。
こういう細かい所までこだわる作品はそう多くありません。

…まだまだ語りたい事は一杯ありますがこれぐらいで(笑)。
何回でも観たい「星を追う子ども」。次は人物像について書いてみたいと思います。


posted by ビター at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 新海誠

2011年05月08日

『星を追う子ども』から「喪失」を知る

秒速5センチメートルから約4年、待望の最新作『星を追う子ども』を観て来ました。
新海誠監督の作品は主に「日常」を描くものが多かった為、今回は特報・予告編が公開された時点で「おやっ」と感じた方々も多かったはず。
新海流ファンタジー(?)とはどういうものなのか、本当に楽しみにしながら劇場公開を待ってました。

冒頭はいかにも日本的な風景・家屋等が登場する監督らしい演出。細部まで計算された映像美に圧倒されるばかり。
「雲の向こう、約束の場所」ではあまりにも背景が美しくて、良い意味で情報量が多かった感がありましたが、今回は「秒速5センチメートル」と同様バランスの取れた演出と言えばいいのでしょうか。

そして注目したいのはキャラクターの動き。
「秒速〜」では監督が「自分には経験が少ないから背景(演出)で挑む」と言われてましたが、今回はアクションにかなり気合が入ってました。
それもそのはず、今回の作品の製作が「雲の向こう〜」等とは違うスタジオ体制。
経験を積んだスタッフも集まり、「長編アニメ映画」としての見応えバチグンです!
と、偉そうな事を言ってごめんなさい(笑)。

「喪失」がテーマになっていますが、誰しも生きている限り経験するもの。
受け入れるか受け入れないか、人によっても状況によってもそれぞれ。
地下世界アガルタに何を望むのか、アスナ、モリサキ、シンの3人の立場から「喪失」の先が見えてきます。
一見難しそうなテーマでありながらスッと受け入れられるストーリーが良く、そして深い感動を呼んできます。
自分自身も学生時代に大切な人を失いましたから(この度の震災でも)、その時の心にポッカリ穴の空いた感じは痛いほど分かります。
それでも時間だけは進行していく、この難しい疑問に「星を追う子ども」からヒントが得られるでしょう。
タイトルそのものにも意味があるので劇場でご覧下さい。

新海誠監督の世界観がまた広がりました。
「星追い」はかなり変化球な作品に感じるかもしれませんが、むしろ今までの作品が変化球だったのかもしれません。
監督自身「自分も一番見たかったアニメ」と言っておられる事からも、今回の作品から得られるものは多いはずです。
ここまで綺麗な終わり方をする映画も久しぶりな気がします。
1回では勿体ないのであと数回観に行くつもりです。新たな発見があると思いますので、また追記したいと思います。※Twitterでも備忘録的に呟いてます

星を追う子ども
 

posted by ビター at 22:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 新海誠

2010年11月24日

星を追う子ども

秒速5センチメートルから2年半、新作「星を追う子ども」の特報が公開中です。
いや〜来ましたね。新海誠監督らしいファンタジー作品が。
今回は「喪失の先を描く」という事で、「雲のむこう〜」とはまた違った世界観が楽しめそうです。

「星を追う子ども」告知ポスター

ジブリっぽいという声も多いですが個人的には全く別物に感じます。
新海ワールドは「エンターテイメント」というより「芸術作品」、つまりアニメの域を超えていると思うのです。
「アニメとして」ではなく、「映像作家として」目を凝らして観てほしいですね。
とりあえず続報を楽しみに待ちましょう。

清家雪子さんによる漫画化

そして「秒速5センチメートル」の漫画も発売中です。※Amazonへ飛びます新たな視点からの描写もあってなかなか深いです。
是非あの感動をもう一度味わってみて下さい。
posted by ビター at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 新海誠

2010年01月22日

新作アニメーション告知

新海誠監督の最新作の朗報です。
とは言っても昨年の12月24日に告知されていた訳ですが(笑)。

「喪失の先を生きて行くにはどうすれば良いのか―」

今回のテーマだそうです。タイトルはまだ未定。
「秒速5センチメートル」で監督の持ち味が集大成されたと個人的に思うので、新作は色んな意味でバランスの取れた楽しいアニメーションになるのではないかと。
続報に期待しましょう。

ポスター(他にもある)ブルーレイ(DVDもある)
posted by ビター at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 新海誠

2009年09月02日

新海マコトの憂鬱

どうやら「秒速5センチメートル」が海外で盗作されているらしい。
それがちょっと似通った程度ではなく、全くそのままに近い。

これはひどい。

パロディなら笑って済む所だが、ここまで開き直れるとは良心が痛まないのか、それともパクリ過ぎて麻痺しているのか。

盗作も残念だが、こういった形で記事を投稿するのも残念だ。
新作も控えているだけあって、あまり大きな問題にならない事を願う。

とりあえず新海誠氏(CoMix Wave Films)がどういった対処をするか静かに待っておいた方がいい。
ブラウザのトップページが「Other voices」のワタシは少なからずそう思うのである。
posted by ビター at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 新海誠

2008年09月30日

NHKBShiで「5cm/s」を観る

「秒速5センチメートル」をハイビジョンで、しかもリアルタイムで観賞できる!
と言っている時点では放送終了後な訳ですが。
勿論リアルタイムで観ましたよ〜!

ファーストカットラストカット

ビエラの大画面で堪能させて頂きました。
いやぁあまりの美しさに改めて鳥肌が立ちましたね。
新海誠氏曰く、「劇場用として最初からHDサイズで作っていますので、通常のDVD版よりも格段に美しい映像をお楽しみいただけると思います。・・・・『秒速〜』にはHD解像度でこそ伝わるものがあると思っていましたので・・・・」。
BD発売時に語っておられたように、HD画質で観賞してこそ「5cm/s」の魅力が最大限に発揮される訳です。

あまり知られていませんが(どうかは知りませんが)、DVDは簡単に言えば「圧縮された画質」です。
折角の映像叙事詩が半減・・・とまでは言いませんが、DVDでは表現しきれない映像美が「新海ワールド」と言っても過言ではありません。
アニメと言うより「芸術作品」に要求されそうなディティールで表現されていますからね。

HD画質環境が揃っておられる方は是非!


ていうか前回のカテゴリ記事から半年以上経っているんですね・・・。
posted by ビター at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 新海誠

2008年03月03日

「5cm/s」公開から1周年

「秒速5センチメートル」が公開された日から早一年。
あの頃は若か、ってそういう話ではなく、シネマライズで一年前の今日公開されました。
京都は3月24日でしたが、未だに何度観ても飽きない映像叙事詩が此処に極まれり、です。
BDも4月に発売されますね。
HD解像度で製作された作品ですから、DVDよりも見応えがあるでしょうね。

HD DVDはどうしようかな・・・。

【3/4追記】
予約ランキングでも上位を占めています。
嬉しい限りです。
posted by ビター at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 新海誠

2007年12月13日

アニクリ15「猫の集会」

NHKとアニメーションクリエイターのコラボ、それが「アニクリ15」である。
以前「トップランナー」に新海誠氏本人が出演された時も興味深い内容だったが、今回もある意味(?)非常に興味深い映像であった。

タイトル「猫の集会」

新海ワールドをご存知の方には何ら違和感の無いタイトル。
1分という短い枠内で、クリエイターさんたちが自分の世界観を表現するという訳だ。
今回の作品は、「秒速5センチメートル」で見られた映像美からは打って変わって「ほのぼのコミカル」。
何とも平和な日常にホンワカさせられる。
猫独特の直球的な発想が笑いを呼ぶ。

「新海誠氏がこんな作品を!?」と驚いた方もおられるだろう。
ワタクシもその一人である(笑)。
宮崎駿氏が「おもひでぽろぽろ」を発表した時に「宮崎駿氏がSF無しの作品を!?」と驚いた時と良く似ているのではなかろうか。

「秒速〜」で号泣した後は「猫の集会」で心を中和させましょう。
posted by ビター at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 新海誠

2007年11月15日

Best Animated Feature Film!

オーストラリアで開かれた「Asia Pacific Screen Awards(アジアパシフィック映画賞)」のサイトをエキサイト翻訳で読んでいたら、目が飛び出るほどビックリしました!
「雲のむこう、約束の場所」に引き続き、「秒速センチメートル」も海外で高い評価を受けたようで、「Best Animated Feature Film(最優秀アニメ賞)」を受賞されたようです。
「(BYOSOKU 5 CENTIMETERS) from Japan.」と載せられています。
DVDはもう何回観たか数え切れません(笑)。
日本でも何らかの受賞は間違い無いので、今後の祭典に期待です。

ていうか既に新海誠氏のサイトでも紹介されていましたね。
とりあえずおめでとうございます!
posted by ビター at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 新海誠

2007年09月05日

遠い日2007

信濃毎日新聞のテレビCMを新海誠氏が手掛けられました。
数秒の短いCMですが、内容は凄く濃いものとなっています。
信じられないほど芸が細かいのです。
何回も繰り返して鑑賞しましょう。

新海誠氏お得意の「電車」が登場しますが、起用される電車は意外と新しい形に見えます。
何か理由があるのでしょうね。

このクオリティで長野限定CMというのは非常に勿体無いです!
全国規模のCMを是非期待したいですね。
できればWILLCOMのCMを(笑)。
posted by ビター at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 新海誠

2007年08月19日

「秒速5センチメートル」のフィルムカット

IMG_1763.JPGIMG_1764.JPG

DVDボックスを購入された方にはもれなく付いてくるこの「フィルムカット」。
皆さんはどのカットでしたか?
公式ブログ(現在は終了)で盛り上がりましたが、ちゃんとモリゾーさんからご返事頂きました。

「いつもコメントをくれている人達はやはり、僕がうらやましがるようなフィルムをちゃんと当てている気がします(笑)。」

そうです。このカットです。
自分でも当たりだと思います!
欲を言えば、これとかこれとかこれとかのカット来れば更に嬉しかったですけどね。
あと「アカリが居ない踏み切り」(泣)のカットとか。

公式ブログのコメントを見ていると、蛍光灯や駅舎等の風景カットも多かったようです。
ワタクシはそれでも良かったと思います。
だって「新海誠氏の綴る映像叙事詩」はどのカットでも嬉しいじゃないですか!
1コマ1コマに妥協が無いですし、心に訴えますし、「何でもない風景がいつもより輝いて見える」映像ですし・・・。



次回作にも少し着手しておられるようなので楽しみです。

※リンク先は時期によっては無くなっている場合があります。
posted by ビター at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 新海誠

2007年07月18日

明日「秒速5センチメートル」DVD発売!

ついにこの日がやってきました。
これでやっと感想を語れます。
まずは京ぽん2の登場シーンから、ではなく第1話「桜花抄」から順に語っていきたいと思います。
posted by ビター at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 新海誠

2007年06月22日

DVD最安値は何処?(2)

気が向いたので昨日の続き(笑)。

いや、別に少々高くても良いんですけどね。
なんとなく安い所を探してしまうのは人間の本能でしょう(?)。
少しヒントを言いますと、価格比較サイトは利用してないです。
オークションも利用してません。
発売日前に出品されているのはちょっと危険。
って全然ヒントになってませんね。

DVDに限らず、「商品の定価」というものは有って無いようなものです。
交渉次第で価格は変動します。
タウンボックスも少し安くしてもらいました。
ですから「何%OFF!」とか「大特価!」という宣伝文句に惑わされてはいけません。
結局は販売者側に損は無いのです。
ちなみにあんまり安すぎるとそれこそ危険です。
定価の半分以下とかになると何か裏があります。
型落ち、アウトレットは別として。

何だか説教臭くなってしまいましたが、実はこっちの方がヒントになっているかも・・・。
とにかく「秒速5センチメートル」DVD発売まで1ヶ月切りました!
楽しみに待ちましょう。
posted by ビター at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 新海誠

2007年06月21日

DVD最安値は何処?

7/19発売の「秒速5センチメートル特別限定版」DVDの最安値を探してみた。
大手ネットショップが25%OFFの5243円でなかなか安いと感じたが、それで感激しているアナタは甘い!
ワタクシは5000円ポッキリで送料無料、しかもショップオリジナル特典付きで購入できるルートを発見した。
勿論もう予約済みである。
勿論購入ルートも内緒である。

今日はかなり疲れて眠いのでこの辺で。
気が向けばこの話続くかも。
posted by ビター at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 新海誠

2007年05月25日

「秒速5センチメートル」DVDは7/19発売予定

以外に早い発売ですね。
夕方にソフマップのメルマガが届きまして、いつもはあまり目を通していないのですが、「秒速5センチメートル」という文字に目が留まり、7/19発売の予約開始を知りました。
映画館のフィルムの滲み具合も良いですが、デジタルの鮮明さも良いですよね。
とりわけ新海誠氏のMacを駆使した映像には、デジタルで見る価値が存分にあると思います。
特典ディスクとサントラCDを加えた限定豪華BOX仕様となっており、「雲のむこう、約束の場所」DVDでも同封されたフィルムカットも付いているようです。
サントラの単体発売は無いのでしょうかね?
そしてコンプリートブックの発売は?
まだまだ「秒速5センチメートル」の熱は冷めていない今日この頃であった。

【5/26】
追記:公式発表されました。
posted by ビター at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 新海誠

2007年04月20日

「秒速5センチメートル」京都上映終了

IMG_1265.JPGIMG_1268.JPG

「秒速5センチメートル」の京都での上映は本日終了した。
会社帰りに最終上映時間になんとか間に合い、堪能してきた。
やはり最終上映という事もあって、100人ぐらいが列をつくっていた。
何回観てもエンドクレジットの切ない音楽が涙を誘う。
皆それぞれの生き方があって、それぞれの距離感で、それぞれの速度で生きていく。
皆生きていく状況は違うとは言え、流れていく時間は皆同じ。
その時間の中で積極的に生きていく力をこの「秒速5センチメートル」から得る事ができた方は多い事だろう。
何回観ても新しい発見が有り、新しい見解が生まれる。
そういう意味でも本当に内容の濃い映画だった。
今後しばらくはこの「秒速5センチメートル」を超えるアニメーションは現れないと思う。
クオリティで勝る事はあっても、「人々の心に訴える力」で勝る事は無いだろう。
新海誠氏の作品を知る事ができて本当に良かったと思う。

ちなみに内容について触れていないのは、まだ上映中、もしくはこれからの地域もあるからだ。
具体的な感想はもう少し後にしようと思う。
DVDが発売されてからにしようかな?
posted by ビター at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 新海誠

2007年04月15日

サユリ

IMG_1260.JPGIMG_1261.JPG

新海誠氏の手掛けた作品を紹介した雑誌は良く見ますが、飼い猫のサユリちゃんを主に紹介する雑誌とは珍しいですね。
というより今まで何故どの雑誌でも取り上げなかったのだろうと不思議に思います。
「こんな可愛いのに猫の雑誌業界は何やってたんだ!」(笑)
特に新海氏の飼ってるこの柄の猫が好きなんです。
実家の猫のミーちゃんがこの柄で、幼い頃から可愛がっていました。
猫=ミーちゃん=トラ柄。
これがワタシの猫の理想像です。
「癒し」と書いて「猫」、「猫」と書いて「癒し」。
そう呼べるほど猫って本当に可愛いですよね。
モデルの猫でもなんでもない新海氏のサユリちゃんを表紙に飾るとは「猫の手帖(猫の手帖社)」、あなたは偉い!
posted by ビター at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 新海誠

2007年04月11日

3回目

IMG_1254.JPG

観に行って来ました。
何度観ても第3話「秒速5センチメートル」には脱帽です。

写真は恒例(?)の「5cm/s」の1コマです。
何処となく似てませんか?
posted by ビター at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 新海誠