2013年07月28日

メルアドを引き継げないスマートフォンは要らない

タイトルで全てを語ってしまった気もするが、最近の動向について少し。
極力専門用語無しで語ってみたい。

世間はLTE時代に突入し、外出先でも数十Mbpsが普通になってしまった。
固定回線に取って代わるものではないが、それでも家でパソコンの前に座ってる時間が少なくなったという人は少なからずいるだろう。
月額料金もどんどん安くなり、青天井とか従量制なんて言葉はもはや昔話。
5000円も払えば自分に合ったモバイル端末・ネットワークの選択肢はグッと広がる。

そんな中、自分はPHSパケットをまだまだ使い続けている。
LTEはおろか3Gの速度にも到底及ばない数百kbpsという世界の中で生きている。上下1Mbpsも出ない世界だ。
自分の周りにはそれほどモバイルに詳しい人は居ないものの、ほとんどが最近のスマートフォンに買い替えて高速通信を堪能している。堪能というか必然的な話なのだが。

そもそもPHSキャリアのWILLCOM2005年にスマートフォンを出した事を知らない人の方が多いだろう。
自分は当時からずっとスマートフォンの動向を見てきたからある程度理解しているつもりではある。
火付け役となったiPhoneの登場は2007年であり、それが世間的に「日本で最初のスマートフォン」と理解されていても当然である。
電話の発明者がエジソンではない事ぐらい誰だって知っている。ラーメンが中国ではない事もね。
タブレットもiPadの登場以前から存在していたが爆発的な普及には至らなかった。

で、ご存知(?)のように、自分は灰鰤ことHYBRID W-ZERO3(WS027SH)が主回線で、月額2430円でPHSパケット使い放題・どこへ掛けても通話無料プランになっている。ただしパケットの速度は理論値400kbps。
一応0〜5250円のdocomo3G(理論値7.2Mbps)が使えるプランなのだが、3GをONにする事はまず無いのでプラス0円のままだ。
現在docomo3GはIIJ移管となったため、WILLCOM CORE 3Gにカウントされず、当初は1契約2回線だったが今は実質1契約1回線となっている。

なんのこっちゃと思われる方も居るだろうが、今それは置いておいて(←!)何故ずっと使い続けているのかが今回の主題だ。
結局発売から3年半経つのだが、今世間に出回っているスマートフォンを3年、いや2年も使い続けている人が果たしてどれくらい居るのだろうか。
現状、端末を製造する側もサービスを提供する側も、2年単位で買い換えてもらわないと儲からない・お金が回らない仕組みになっており、それどころか季節毎に新機種・新サービスが登場していて、もはやユーザー側が長く大切に使おうと思ってもデメリットしか生まれない。
だったら2年毎に買い換えていけばいいのでは?全くその通りなのだが…できないのだ。
理由は至って簡単、

機種変したい端末が無い。

後継機種が一向に現れない為、使い続けるしか方法がないのだ。
別に後継機種に拘らなくても新たなスマートフォンに買い換えたらどうか、WILLCOMでも数機種出ているのではないか、確かに出ている。
問題は「料金プランを引き継げない&メールアドレスを引き継げない」という所にある。

高速回線を必要とするスマートフォンに、安価な旧料金プランを引き継げないのは当然だし誰もが納得がいくだろう。
しかしメールアドレスが引き継げないって何?他キャリアへ移動するMNPなら分かるが同じWILLCOM内でしょう?そうなのである。au内で機種変して「メールアドレス変わりました」なんて言う人は居ない。
原因はSoftBank仕様のスマートフォンをWILLCOMが販売している為だ。

SoftBank(以下SBM)が親会社になってからWILLCOM純正のW-ZERO3シリーズは姿を消した。
通信モジュールW-SIMも姿を消し、次世代PHSとしてサービスインする予定だった高速通信規格XGPもWireless City Planning(以下WCP)という別会社に引き継がれ、AXGPというTD-LTEに置き換えられてサービスインした。
旧XGPとAXGPに互換性は無く(※)、都内に一部設置されていたXGP基地局も撤去され、AXGP基地局として開局している。このあたりは過去ログを見てもらえれば少し書いている。
※UQへの2.5GHz帯域割当で総務省に抗議したWCP(SBM)によって非互換が証明されている

で、現在WILLCOMから出ているスマートフォンは音声通話こそPHSを利用しているものの、パケット通信に関してはSBMの通信網を利用しており、最新モデルDIGNO DUAL 2(WX10K)は「PHSとSBM3GとWCPのAXGP」が使える仕様となっている。
料金プランは当然2430円ではなく、定額制で月額5000円ほどのものとなる。
もうお分かりだと思うが、何故WILLCOMブランドで売る必要があるのか?という事だ。

それもそのはず、これから発売予定のAQUOS PHONE es(WX04SH)というスマートフォンはSBMの205SHを流用したもの、STREAM(201HW)に至ってはSBMが1年前に発売したスマートフォンと全く同じ物をWILLCOMが販売する事になる。
早い話が在庫処分だ。言い方は悪いかもしれないが事実なのだから仕方がない。誹謗中傷でもなんでもない。
親会社の売れ残り端末にWILLCOMロゴを付けて販売させられている状態なのだ。
PHSとSBMのスマートフォンの抱き合わせ販売が記憶に新しいが、そちらの方がまだマシだったかもしれない。

少し整理すると、WX10KはPHS音声のみ、WX04SHは一応PHS音声・パケット両方、201HWはPHS非搭載で音声もパケットも使えない。
そしていずれも引き継げるのは電話番号のみでアドレスは引き継げない。
一応WX04SHだけがPHSパケットを使えるようだが、いずれにしても2430円の様な料金プランで使用する事はできず、必然的(強制的?)に専用料金プランに変更となる。パケット使えながら何故アドレスが引き継げないのか…?
201HWはPHS非搭載なので、これこそWILLCOMブランドで売る理由は皆無。呆れた。

結論、HYBRID W-ZERO3(WS027SH)こと灰鰤さんを手放したらそれが最後、SBMのスマートフォンを使わざるを得ないのである。
LTE時代にPHSパケットではもう戦えないのは分かるが、何が嬉しくてSBMのLTEスマートフォンに機種変する理由があるのか。
メルアドも引き継げないなら、いずれ070にも適用されるMNPでdocomoかauに乗り換える事と何も変わらないではないか。
何の為にWILLCOMを使っているのか自分自身でも時々よく分からなくなる。

とりあえず旧機種・旧料金プランを維持し続ける事で「従来のウィルコマー」として名乗れる訳だがいつまで名乗れるだろうか。
そしていつまで灰鰤さんが頑張ってくれるだろうか。満身創痍もいいところだ。
少しと言いつつ何だかもの凄く長い記事になってしまったが、やはり最後はタイトルに全てを語ってもらう。

「メルアドを引き継げないスマートフォンは要らない。」


posted by ビター at 00:30| Comment(6) | TrackBack(0) | WILLCOM
この記事へのコメント
音声は3GとPHS回線のどちらも使用できる。
と書いてありますよ。

写真で解説する「AQUOS PHONE es WX04SH」 - ITmedia Mobile
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1307/08/news057.html
Posted by なんば at 2013年07月28日 03:57
端末単体では無理でもPHSテザリングなら
パソコンでpdxアドレス送受信は可能なような気もします。
公式にアナウンスされてないので、断言できませんが。
Posted by なんば at 2013年07月28日 04:04
>>なんばさん

記事修正しました。ご指摘有難うございます。
WX04SHでアドレスが引き継げたなら少しは考えたのですが…。
AXGPを外してPHSモジュールを内臓している訳ですから、何か方法はないか画策中です。
Posted by ビター at 2013年07月28日 09:34
こんにちは
きょうぽん系統は影を薄め、w-zero3シリーズが終わりを最後に私の中のウィルコムは終わりましたが、ビターさんにはソフトバンクからの風にも負けずに維持し続けてほしいと思いました。
Posted by monpan at 2013年08月24日 00:58
http://www.willcom-inc.com/ja/lineup/wx/04sh/set_pdxmail/
「AQUOS PHONE es」は、機種変更前に利用されていたウィルコムのEメールアドレス(@xx.pdx.ne.jp/@willcom.com)のメールをPHS回線経由で送受信することが可能です。
Posted by 通りすがり at 2013年09月09日 22:46
>>monpanさん

亀レスですが、ありがとうございます。
SBが絡んできてWILLCOMから身を引いた、もしくは京ぽんやZERO3を諦めたPHSユーザーさんは非常に多いですよね…。
在庫処分スマフォには絶対手を出さずに、WS027SHでまだまだ頑張ります。

>>通りすがりさん

それは機種変前のアドレス以外でも可能な単なるアカウント設定ですよね?
WX310Kの頃から同じ事をPCに設定して使っていましたし、根本的な引継ぎでもないですし…。
色々未完成のまま販売しちゃっていいのかなーと白い目で見ています。
Posted by ビター at 2013年09月10日 00:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71430792
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック