2013年04月28日

スマートフォンセットの落とし穴

最近までWILLCOMのPHSとSoftBankのスマートフォンのセット販売が行われていた。
親会社の売れ残りを子会社に…という見方もあるが、大人の事情には首を突っ込まない事にする。
それよりも気になるのが、スマホセットを解約(もしくは機種変)した後に要注意という話である。

当然PHSとスマートフォンが1台ずつ宙に浮く訳だが、どちらか片方を再契約する事は不可能らしい。
今までX PLATE(WX130S)HONEY BEE 4(WX350K)
WX01NX等、様々なセット販売があったが、PHS単体での再契約は不可、それどころか一度解約(もしくは機種編)すると一生電話機としての機能を果たさないという事。
プラザにもセンターにも確認済みなので注意してほしい。
オークション等に出品されている端末を見つけても「スマホセットの解約品ではありませんか」と尋ねてみよう。
勿論出品する事もトラブルの原因になるので、仮に今契約中なのなら一生使い続けるしか道は無い。

まあ、SoftBank側の契約数カウント方法がおかしな事になってるので(契約の有り無しに関係なく、端末が存在し続ける限り契約者数としてカウントされる)それに起因するシステム上の問題なのだと思うのだが…。
昔からのWILLCOM使いの方々は当然手を出していないと思うので参考までに。

wx333kwx130s
posted by ビター at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | WILLCOM
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65846751
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック