2012年01月29日

FRISKサイズで喋ろう!ストラップフォン(WX03A)

世界で最も小さく、最も軽い携帯電話、待望のストラップフォン(WX03A)が遂に登場しました!
企画が立ち上がってから数年、やっとユーザーの手に渡ってABITさんも喜んでおられると思います。
イエデンワとは正反対のコンセプトながら、どちらも楽しいPHSに仕上がっています。

WX03A1

まずパッケージが今までに無い独特の物となっています。
他機種のパッケージ流用ではない所にこだわりを感じます。

WX03A2

そして小さい(笑)。イエデンワが大き過ぎるというのもありますが、WX340K等のWILLCOM標準サイズと比べても別物です。

WX03A3

本当にFRISKと同じサイズなのが一番の特徴です。手元にFRISKをお持ちの方は手に取ってテンキーを打つ仕草をしてみて下さい。えー打ち難くない?とお感じになられるかもしれませんが意外と打ち易く、フリック入力より打ちミスは断然少ないです。

WX03A4

重ねてみてもピッタリです。有機ELなので画面の撮影に少し失敗していますが。

WX03A5

手の平に置いてもこの通り。特に手が大きい訳ではないので如何にストラップフォンが小さいかお分かりかと思います。
FRISKより少し重い33gという質量にも驚きです。

主な機能は通話とライトメールと赤外線、そしてモデム機能という割り切った仕様です。
Eメール非対応は当初残念な気がしましたが、流石に1インチでは見辛かったかもしれません。
あとちゃんと声が届くの?心配ご無用バッチリです。勿論口元に持ってきた方が良く音を拾うのは確かですが、普通に会話する分には他のPHSと変わりません。むしろ携帯電話より音質は綺r(略)

省電力なPHSだからこそ実現できたストラップフォン。これからのWILLCOMを楽しませてくれる事でしょう。
さあFRISKで喋ろう!

WX03A6
 

posted by ビター at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | WILLCOM
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53357399
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック