2011年11月26日

持ち歩ける固定電話「イエデンワ」【12/11更新】

タイトルからして日本語がおかしいというのは置いといて、PHSの最新機種「イエデンワ(WX02A)」もらってきました。

WX02A

!?

おいおい画像が固定電話の間違い…ではないのです。
これが無線で通話できるPHS端末「イエデンワ」。何をどう見ても据え置きタイプの電話ですが、電波の通じる場所なら乾電池駆動で持ち歩きながら通話できます。
つまり携帯できる固定電話、持ち歩く姿はとてもシューr(略)斬新です。

WX02A2

Eメールには対応していませんが、アドレス帳の編集等の為に文字入力は可能です。
今後のアップデートでEメール対応に期待します…が無理ですかね。
赤外線でアドレス帳を転送してしまえばテンキーを使う事はほとんどありません。持ち歩く場合の話ですが。

通話中に停電になっても乾電池駆動に自動的に切り替わるのは便利ですね。

WX02A3

少し使ってみて気付いた事は感度がムチャクチャ良いという事。
親会社の基地局間引き撤去により圏外になってしまった場所でも発着信できたのは驚きでした!
車で圏外地域を走行しながら通話してみましたが、途中圏外警告音が出るも切断せずに通話し続ける事ができました。
イエデンワを主回線に降格せざるを得ませんね(!?)。

法人をターゲットにして本気で売り込めば面白い事になりそうですが、今のところそのような気配は無し。
個人レベルのネタになるのか、特殊重要の起爆剤となるのか、今後のABITさんの動向に注目したいと思います。

公式ストアトップにリンクが無いのが不思議ですが…?


【ギャラリー】

WX02A4

WX02A5

WX02A6

iedenwa
 

posted by ビター at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | WILLCOM
この記事へのコメント
法人向けとかというより、個人商店向けなのか
「店電話」と題した宣伝チラシは作ってるようですね。
Posted by いぶき at 2011年12月01日 22:28
>>いぶきさん

「店デンワ」をもっと宣伝しても良いと思うんですけどね。
置き場所も固定しなくて良いですし、通話中に停電になっても自動的に乾電池に切り替わる仕様も地味に便利です。

固定電話は受信専用にして、発信をイエデンワ(だれ定契約)にしてみようかと画策しております。
Posted by ビター at 2011年12月02日 23:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51044184
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック