2011年09月30日

親会社からHONEY BEE!?【9/30追記】

白犬の発表会はスルーするつもりでいたのだが(KDDIの発表会も見てない)、聞き捨てならない名前のラインナップが…。

「HONEY BEE 101K」

は?と思った方も多い事だろう。HONEY BEEってあのWILLCOM主力端末のHONEY BEE!?
しかもケータイではなくスマートフォンへ昇格…ってちょっと待った。
HONEY BEEのコンセプトは「PHSの気軽さ」ではなかっただろうか。
高級志向ではなく、オモチャのような可愛らしい端末で通話・メール無料。
そこに魅かれて購入した方々も多いはずだ。かつて自分もそうだった。

先日のWILLCOM発表会でHONEY BEEシリーズを見かけないと思ったら予想もしないところでお目に掛かる事になってしまった。
もう白犬が何を考えているのか分からない。
WILLCOMを子会社にし、XGP(次世代PHS)を別会社で立ち上げ、PHS基地局撤去・自社中継局に置き換え、挙句の果てに主力ブランドを持っていく…。

正真正銘のHONEY BEE

「支援」する気で子会社にされたはずだが、今の状況ではとてもそうは思えない。
WILLCOMはどこへ向かおうとしているのか…。

【9/30追記】
2005年に京ぽん2ことWX310Kが登場して以来、後継機種「京ぽん3」が出るのを今か今かとずっと待っていた。
初代京ぽん⇒京ぽん2への進化が痒いところに手が届くワクワク感に満ちていたからだ(少し斜め上も有り)。
しかし、待てど待てど正当な後継機種が現れない。なぜかスペックダウンしたWX320KWX330Kが登場してズッコケたりしながらも、それでも京ぽなーはずっと待っていた。

そんな中「HONEY BEE」というブランドが登場。
次々とスペックアップした後継機種が現れ、これがシリーズ累計200万台突破の大ヒット。
京ぽんはどこいった!という声もあったが、これまでとは違った京セラクオリティ溢れる端末にWILLCOMの新たな魅力を生み出したのだった。
そしてWX340Kが登場。確かに京ぽんではあったがユーザーを満足させる端末ではなかった。
流石にWX310Kから5年も経てばフラストレーションが溜まる。更に京ぽん3マダー?という声すらウィルコマーから薄れていき、ついに事業再生ADR…。

再生法によって白犬から支援を受け、だれとでも定額HONEY BEE 4(WX350K)でWILLCOM再出発。
京ぽんの姿は無かったが、PHS健在時の「HONEY BEE」ブランド継続にウィルコマーはささやかな安堵を覚えたのであった。

ところが、
「HONEY BEE 101K」
これだ。

WILLCOMブランドとして定着したPHS端末が突然スマートフォンに変わってしまった。
言わば京ぽなーの心の支えとなってきたブランドがいとも簡単に携帯陣営に持っていかれたのだ。
しかしHONEY BEEは京セラのブランドであり、主にWILLCOM向けに供給していたのであってPHSだけのモノではないのは分かる。
だからと言って親会社にスマフォとして供給はあんまりだろう。
ローエンドをハイエンドに変貌させる力があるのなら、どうして京ぽん3をもっと早く出してくれなかったのか!ウィルコマーが言いたいのはこれなのである。

しかしこれが現実。WILLCOMも一昔「携帯1台目需要」を狙って失敗した経歴がある。
PHSとケータイの間には差が開き過ぎていたのだ。
携帯陣営が新機種を出せば当然のようにハイスペックな端末が発表され、PHSとなると音性通話に特化したローエンド端末。もうこれが業界の方程式のようになっている。
2005年12月に日本初のスマートフォン「W-ZERO3」が登場して早6年。何もかもが変わってしまった。
正当な京ぽん後継機種はもう現れないのだろうか…。

白犬にHONEY BEEを提供した京セラ。期待を抱いて良いのか分からないが、もしこの思いが何処かで伝わるのならば「京ぽん3マダー?」とだけ言わせてほしい。
 

posted by ビター at 00:49| Comment(1) | TrackBack(0) | WILLCOM
この記事へのコメント
私も、HBのブランドに目を付けたSBの方から
持ちかけたのかと思ったのですが
京都新聞によれば京セラの方からSBに提案したようですね。
京セラとしては、AUだけじゃなくSBに端末出荷できるのはメリットがあるのでしょう。
今迄どおりAUから出すという手もあったのでしょうが、AUはアイフォンが出るから、他のスマホは冷遇されるのは目に見えてます。

多分、ウィルコムでこれとHB4を組み合わせての
セット販売も行われると睨んでます。
ひょっとすると、メインの販売はそっちの方なのかも。SBでMVNOのHB4と組み合わせてのセット販売もひょっとしてあるかもと妄想。

>主力ブランドを持っていく…。

某サイトの京セラ開発者のインタビューによればHBは、画面の大きさやカメラ画素にはこだわらない方向だとのことですから、HB5はこれとは
別口でしょうね。
そういえば、そのインタビューで「他キャリアへの展開もできたらいい」とか答えてたので
何気なく事前リークもやってたんですね。
恐るべし京セラ。
Posted by 京セラファン at 2011年09月30日 11:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48247424
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック