2011年08月15日

コクリコ坂から

正直なところ最近のジブリ作品は真剣に観ていなかった。
主人公に声優さんを起用しなくなった辺りからだろうか。
ラピュタや宅急便のようなジブリらしいファンタジーが感じられなくなった気がしてきたのだ。
時代の流れに合わせているのかワザと外しているのか、それとも自分の方が変わってしまったのか?

そんな中、何の予備知識も無く「コクリコ坂から」を観にいった。
脚本に宮崎駿氏、監督に宮崎吾郎氏という親子二代に渡る合作である。
…とは言うものの、吾郎氏は絵コンテを駿氏に一切見せなかったという。
駿氏ノータッチのゲド戦記にまつわるイザコザを引きずって…るのかどうかは知らない。

コクリコ坂から

とまあ余計な心配は要らなかった。
久々にジブリらしいアニメを観た。
時は1963年の横浜、旗のある下宿屋を営む少女(海ちゃん)と、旧清涼荘の取り壊し反対運動を指揮する少年(俊)の恋物語だ。
冒頭から「ああ、これは『おもひでぽろぽろ』みたいだ」と感じさせる雰囲気は何かホッとさせるものがある。
懐かしい時代背景とジブリらしいという二つの意味で、と言ったら皮肉になるかもしれないが。

ファンタジーも良いけど現実の一コマを切り取るアニメも良い。
全体的に平凡な感じはするものの、これは誰がどう観てもスタジオジブリである。
強いて言うならもう少し背景に気を配ってほしい事ぐらいか。
妙に浮いてるネオン灯ではノスタルジックが台無しなので、時代を描くなら徹底的な追及をしてほしい。
これが現実を切り取るアニメの難しさである。ファンタジーなら幾らでも嘘がつけるのだ。

偉そうな事を言うのはこれぐらいにして、次回作はジブリらしいファンタジー作品を観てみたいと思っている。
 

posted by ビター at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・漫画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47378521
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック