2007年06月26日

一澤帆布のAED

IMG_1495.JPGIMG_1496.JPG

修理に出していた鞄を取りに「一澤帆布」を訪れた時に、先日HPでも紹介されていた「AED」を見てきました。
「AED」を簡単に言えば、鞄の素晴らしさに失神してしまう人を、ではなく応急の延命処置を行う医療機器である。
規模の大きい施設では設置されているが、まさかこんな身近で拝見できるとは。
現物を見たのは初めてだ。

「一時的な延命」か「長期的な延命」か、日本は「延命処置」に関して技術も理解もまだまだ発展途上だ。
一澤帆布の「AED」が人々の関心を引き、様々な延命治療の理解を深めるきっかけになってくれれば嬉しい。
posted by ビター at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 一澤帆布
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4488323
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック