2010年05月30日

呟きがちょっとした観光になっていたのでまとめ(ただけ)

「そうだ、京都へ行こう。」は実はちょっと違います。正確には「そうだ 京都、行こう。」です。(JR東海)

えーと、この時期の京都は「緑」を楽しむのが良いですね。観光ガイドではよく神社仏閣が紹介されますが、正直つまら(略)

京都駅に着いたらまずバスで河原町五条まで出ましょう。そこから鴨川沿いを三条通りまで散歩します。「水の都」を楽しみましょう。

三条通りを西へ向かうと「JEUGIA三条本店」があります。ここはWC3が4Mbps、黒耳が300kbps以上出るので(略)

じゃなくて、三条通りを西へ歩くと「新京極」と「寺町通り」が現れます。いわゆる修学旅行の観光名所ですがお土産はここで一通り買えるでしょう。

「寺町」「新京極」を南へ下ると四条通へ出ます。京都の中心街と言っても良いでしょう。東へ向かうと「祇園」です。一番京都らしい町並みはここに集中しています。

東大路通りから八坂通りへ入ると雰囲気が一気に変わります。京都らしい写真を撮りたい方はここで一枚どうぞ。

白川通りを北上すると「一澤帆布」があります。お家騒動でご存知の方も多いはず。京都のお土産に帆布カバンという手もあります。

この辺りからバスに乗って「北山通り」まで出てみましょう。中心街とは少し違うセレブな感じの町並みです。カフェや雑貨屋などを楽しみながら西へ歩いていきましょう。

京都府立植物園で新緑を楽しむのも良いでしょう。日本で一番大きな温室も見応えがあります。芝生でお弁当もいいですね。

北山通りを散策するのもいいですが、地下鉄北山駅から一気に南へ下がるのもありです。ちょっと遠いですが京阪出町柳から「中書島(または丹波橋)行き」に乗るのがお薦め。民家スレスレのアップダウンの激しい京都ならではの地形を楽しみましょう。

京阪中書島駅を降りると龍馬でお馴染「寺田屋」近辺です。伏見区は酒蔵が集中しているので、祇園とはまた違った町並みです。京橋(文字通りの橋)から平戸橋を歩くと、この時期しか見られない「柳」が目の保養になります。春先は桜が綺麗ですが緑もいいものです。

平戸橋から南を見ると日本で一番大きい「近鉄京都線鉄橋」が宇治川に掛かっています。北へ向かうととウィルコム伏見桃山店が(略)「大手筋商店街」が現れます。これも日本で一番長い商店街です。老舗のお店が多いですが「お酒カフェ」なんてのもあります。

大手筋商店街から伏見桃山城へ無料のバスが…以前はあったのですが今はありません。歩くと遠いですが、「御香宮」で日本の水百選の一つを頂き、「御陵」で森林浴を兼ねて山を登って行きましょう。

伏見桃山城には以前「キャッスルランド」という遊園地がありましたが、今は運動公園になっています。ここも春先は桜がもの凄く綺麗ですが、この時期は新緑が美しいです。お城は現在登れません。天守閣からの景色が絶品なんですけど。

そしてここから5分もかからない所にワタシの家があります。今日はここまで(笑)。
posted by ビター at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38659231
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック