2007年04月20日

「秒速5センチメートル」京都上映終了

IMG_1265.JPGIMG_1268.JPG

「秒速5センチメートル」の京都での上映は本日終了した。
会社帰りに最終上映時間になんとか間に合い、堪能してきた。
やはり最終上映という事もあって、100人ぐらいが列をつくっていた。
何回観てもエンドクレジットの切ない音楽が涙を誘う。
皆それぞれの生き方があって、それぞれの距離感で、それぞれの速度で生きていく。
皆生きていく状況は違うとは言え、流れていく時間は皆同じ。
その時間の中で積極的に生きていく力をこの「秒速5センチメートル」から得る事ができた方は多い事だろう。
何回観ても新しい発見が有り、新しい見解が生まれる。
そういう意味でも本当に内容の濃い映画だった。
今後しばらくはこの「秒速5センチメートル」を超えるアニメーションは現れないと思う。
クオリティで勝る事はあっても、「人々の心に訴える力」で勝る事は無いだろう。
新海誠氏の作品を知る事ができて本当に良かったと思う。

ちなみに内容について触れていないのは、まだ上映中、もしくはこれからの地域もあるからだ。
具体的な感想はもう少し後にしようと思う。
DVDが発売されてからにしようかな?
posted by ビター at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 新海誠
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3807515
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック