2009年11月29日

「Pocket WiFi」は魅力的か

イーモバイルの「Pocket WiFi」が売れている。
下り7.2Mbps、上り5.8Mbps。約4時間駆動。
サイズも文字通りポケットに入れてもかさばらない大きさ。
月額4980円。1000円〜4980円のプランもある。

WILLCOMの「どこでもWi-Fi」より月額料金は高いものの、速度、サイズ、二段階制の料金プランが魅力的だ。
いや、「魅力的」という表現はちょっと違う。
上記は単にカタログスペックのコピーに過ぎない。
実際に量販店の売り子さんに「突っ込んだ質問」をしてきた。

「エリヤはどのくらい?」
「イーモバイルのエリヤなら何処でも。」
「2年間使ったとしてその後は?」
「月額料金が安くなります。」
「パソコン、DS、PSPを同時に繋げても大丈夫?」
「5台以上になると速度に影響がでますので・・・」
「二段階性のプランはどれぐらいで上限に達する?」
「・・・使用状況によっては数分で達してしまいます。」

「突っ込んだ質問」と言うより、素朴な疑問を話したに過ぎないが。
他にも色々話したが、なかなか詳しい説明をして下さった。
単に売る事だけ、ノルマを達成するだけの人ではなさそうだ。
まあ、こういう端末に関しては「突っ込んだ質問」をされる方が沢山いるだろうから、ある程度知識が無いと売り子はできないか。


え?「なに確信犯的な質問をしてるんだ。」だって?
はい、その通り。分かっててあえて質問したのである。

イーモバイルのエリヤは正直広いとは言えない。
首都圏なら快適に使えるかもしれないが、加入者が多い地域ではせいぜい1Mbps前後だ。
2年間使って料金が安くなったとしても、2年後には更に新しい端末が出ていて機種変するだろう。
二段階制のプランは正直あまり意味が無く、定額4980円のプランを選ぶ人々が大半だ。

通信規格(3G)は加入者が増えれば増えるほど速度が落ちる諸刃の剣。
それでいて売り切れ続出の「Pocket WiFi」。
エリヤも首都圏集中で「どこでも」とはいかない。

さて、お手並み拝見といきますか。
posted by ビター at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子機器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33917882
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック