2007年01月28日

び〜ばっぱっぱらっぽ〜

IMG_0989.JPG

タイトルにピンときた方は多い事だろう。
そう、「スキャットマン」である。
この曲が流行ったのは1995年であるから、もう12年も前の事になる。
テレビを付けてもラジオを聴いても、「び〜ばっぱっぱらっぽ〜」一色だった事を記憶している。
洋楽のCDを初めて買ったのがこの「SCATMAN'S WORLD(Scatman John)」だった。
いや、CDを買ったのもこれが初めてだったかもしれない。
そのため思い入れも強く、今でも時々持ち出しては聴いている1枚である。
当時学生だったワタシはCD一つ買うにも苦労していたような懐かしい記憶もある。
そして将来自分で稼ぐようになったら「月に最低5枚は買う」等と夢を膨らませていたものだ。
ところが現在自分で稼ぐようになっている訳だが、月に1枚買うか買わないか程度である。
別に買おうと思えばいつでも買えるが、学生の時ほど思い入れが弱くなったというか、本当に欲しいと思ったCDしか買わないというか、それとも音楽そのものに特別関心が無いのか、どう表現したらよいのだろう?
もしかしたら「暇はあるけどお金は無い、暇は無いけどお金はある」的法則とはこの事かもしれない。
いや、別に暇が無い訳ではないが…
少しややこしくなってきたので「スキャットマン」を聴いて思い出に浸る事にしよう。
posted by ビター at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3177609
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック