2009年06月12日

ネットブックにドライブは要るのか(3)

09/05/29:ネットブックにドライブは要るのか(1)
09/06/07:ネットブックにドライブは要るのか(2)

お気に入りのDVDを持ち運ぶにはドライブの仮想化がオススメ。
前回ご紹介したDVD Decrypterは、もっぱらDVDのイメージ化に用いている。
CD Manipulatorについても使い方はほぼ同じ。
どちらのフリーウェアも一度パソコン内(HD)にイメージを作ってからコピーする為、イメージを削除しない限りネットブック内で仮想円盤を運べる事になる。
ただし、ACアダプタが無いと不安になる為、結局カバンが重たくなるのではというツッコミは無しである。

DVD Shrinkは、片面一層に入らないデータを圧縮するソフトなので、わざわざネットブックで処理させる必要は無い。
何となく緊急時(?)の為に入れている(未だに使う機会は無いが)。

ドライブとあまり関係無いが、ごみ箱自動削除ツールも愛用している。
何時ごみ箱を空っぽにするのか、細かく設定できる。
終了時は勿論、何曜日の何時に自動的に削除も可能である。
特定のフォルダ(Tempファイル等)を指定する事もできる。
しかし設定によっては削除する必要のないデータまで無くなる場合もあるので要注意。
例えて言うと、「辞書に挟んだ付箋が無くなってしまい、また最初から探す羽目になる」みたいな感じだろうか。

という訳でまとめ。
「ネットブックに外付けドライブは必須だが、持ち運ぶ必要は無い。持ち運びたいのなら、普通に十数万出してドライブ搭載のノートPCを買えばいい。」
こんなところ。まとめになってないというツッコミは(略)
何だか結論として微妙だが、「現行ネットブックにドライブは要らない」とワタシは言いたい。
気軽に持ち運べる電子機器に、不必要な機能は要らないのである。
posted by ビター at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子機器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29771089
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック