2009年05月02日

「MUNTO」から「空上げ」へ(3)

09/04/25:「MUNTO」から「空上げ」へ(1)
09/04/29:「MUNTO」から「空上げ」へ(2)


「アクトの循環を復活させる事って、本当に正しい事なの・・・?」

天上世界の混乱を静める為にはユメミの力が必要。
ムント一人では救う事のできない世界。
そして天上世界にまつわる忌まわしい過去・・・。

天上世界にやって来た二人に反対するグリドリやグンタール。
力で解決しようとする彼らに苦戦するムントとユメミ。
本当の意味での救いには、ユメミにまだ足りないものがあった。
消し去る事のできない過去と、これから切り開く未来とは?
全てを知ったユメミは、事の重大さに自我を破壊されそうになる。

「ユメミ、お前には守りたいものがあるはずだ!」


前売り券と特典マウスパッド劇場版のカットでは無いですけど

「空上げ」6話後半から9話(完結)までが、4年前のOVAの続きとなる。
楽しみにしていただけに、この4年間は長かった・・・(嬉泣)。
正直ここまで深い話だとは思っていなかったが、テーマは2003年のOVAから統一されているので難解ではない。
と思っているのは自分だけかもしれないが。

そして「ムント劇場版」として4月18日から5月1日まで「京都シネマ」と「池袋サンシャイン」で公開された。
基本的にTVシリーズと同じ内容だが、劇場版だけでしか観られないディレクターズカット版となっている。
むしろあのクオリティでTV画面サイズは勿体無い!
サントラも生楽器を多様されているので、大音響で楽しむ甲斐があるというものだ。
主題歌も新たに用意されたものなので、もう観に行かない理由等ない。
と言っても、この記事を書いている時点で昨日までだったりするのだが(汗)。

「TVシリーズと同じ内容なら、DVD全5巻を揃えればよいのでは?」
もっともな意見だが、前回の記事でも書いたように「絵の動きだけ」が京アニクオリティでは無い。
オリジナル作品のファンの方々を満足させる何かが劇場版にあるので、今後作品に触れる機会があれば(DVD、BDが発売された時等)堪能して頂きたい。


2003年「MUNTO」
2005年「MUNTO〜時の壁を越えて〜」
2009年「空を見上げる少女の瞳に映る世界」
2009年「ムント劇場版〜天上人とアクト人 最後の戦い〜」

OVAに目を付けてから6年間。
オリジナルのファンでいて良かったと思っている。
posted by ビター at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・漫画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28830641
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック