2009年04月09日

再集絶景計画(2)

08/04/06:「再集絶景計画」

毎年この季節になると目の保養にとても良い。
何故「桜」は年に1回しか咲かないのか。
知っても知らなくても美しさに変わりはないので、深く考えない事にする(?)。
そこに春があるから春に咲くのである。

伏見桃山城T伏見桃山城U

地元なのでココは欠かせない。
今年は昨年よりも沢山だった。人々が。
「キャッスルランド」全盛期には勝らないが、それでも少し活気付いていて嬉しい気持ちになった。

桃山南口付近ウチの近所

特に有名な場所では無いが、ていうかウチの近所の桜たちである。
「有名な桜の写真」は写真集等でどうぞ。
個人のブログに「それ、1000回見たぞ」的な写真を掲載したって面白くない。
「普通の民家の傍らに咲く桜」「道路に落ちる桜や電線の影」
これぞ地元密着型の強み。ブログにはこれで充分である。

【04/10更新】
中書島付近錆びた街灯が良い感じ

「秒速5センチメートル」を思い出すなぁ。
posted by ビター at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28366991
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック