2009年01月15日

京都市体育協会からの手紙

帰宅すると不思議な郵便物が届いていた。
「財団法人 京都市体育協会」?
何だそれは。投函ミスだろうか。
しかし自分宛だ。えらく綺麗な直筆で書いてある。
心当たりが無いのだが、とりあえず開封。
すると手紙が一通。何々・・・

「伏見桃山城運動公園をご利用いただき、有難うございます。
貴重なご意見にお礼申し上げます。さて・・・」


・・・
アッー!
何とあの「ご意見箱」からの返答じゃないか!
軽い気持ちで書いたのに、ご丁寧にお返事を下さった!
恐縮です。真摯に受け止め、前向きに検討致します。
ちょっとだけ抜粋。

「ご意見が多数寄せられており、京都市にご要望をお伝えしているところです。しかし・・・」

なるほど。維持管理は「体育協会」、公園設置者は「京都市」という事か。

「耐震強度の調査と補強工事を行い、安全を確保したうえでないと公開はできないという方針であり・・・」

ありゃ、全く予想通りの現状らしい。
現行の耐震基準がどうしてもネックのようだ。

「どうかご理解、ご協力をお願い申し上げます。」

そう締めくくられていた。
いえいえ、全然ご理解していますし、こちらこそご協力させて頂きます!
今の所こうやってブログで細々と応援しかできないけど・・・。

返信は、忘れた頃に、やってくる〜。

ってこれ川柳?
posted by ビター at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25542897
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック