2008年12月14日

君にもできる京都観光(3)

【参考記事】
2007/09/21:「君にもできる京都観光」
2007/10/07:「君にもできる京都観光(2)」

去年外国人さんを案内してから早一年。
先日またまたお客さんが来られました。
だが今回は訳が違う。何と日本人なのだから。
じゃなかった(いや、合ってるけど)、京都に旅行に来られたご夫妻なのだから。

神奈川県からのお客様で、是非行きたい所があるので案内してほしいとの事。
その場所とは勿論「一澤帆布」です(笑)。
やはり京都に来たからにはココに来ないと意味がありません。
カバンを購入する事が今回の旅の山であり、一番お財布の紐を緩める場所なんだそうで。

地元の友人から頼まれた購入リストも兼ねて「一澤帆布」と「信三郎帆布」を梯子しておられました。
ワタシはちょっと複雑な気持ちになりながらも、何も言わずに同行しました(苦笑)。
「一澤帆布」の前でお二方の写真を撮って、「信三郎帆布の前でも撮りますか」と尋ねると、

「信三郎はいいかな。本家の方がワクワクします!」

両店舗の紙袋を下げながらそう言われました。
ワタシは何も言ってません。本当です。


この後「白川通り」へ移り、知恩院の前で「トム・クルーズが来た場所です」と説明し、近くの和風雑貨屋に行って「本日休業」にズッこけたりしながら案内しました。
「京都らしくないけどワタシのお薦めのカフェがあります。」
そうです。efishでお食事をしながら鴨川の美しさを堪能してもらいました。

この度ワタシは一日案内する時間が取れず、主に本命だけしか案内できなかったのですが、充分喜んでもらえた様で何よりです。
「神奈川にも是非いらして下さい。」はい、またお邪魔させてもらいます。
そう言えば10月に神奈川に行って来たばかりでしたが、散策した場所がご夫妻のメチャクチャ地元だった事に別れ際に気が付きました。

世間は広いようで狭い。観光案内とは実に面白いものです。

本家本元祇園交差点
posted by ビター at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都
この記事へのコメント
お久しぶり♪
この八坂神社からのViewがやたら懐かしかった。
あ、もちろん一澤帆布もefishも!久々行きたくなったなぁ〜
Posted by ピンクモンキー at 2008年12月14日 21:31
>>ピンクモンキーさん

お久しぶりです。
外国の空気はいかがでしょうか。
メルボルンとか行ってみたいです。

京都は本格的な冬に少しづつ向かっています。
このブログは少しづつコンセプトがズレていってますが(汗)、
今後とも宜しくです。
Posted by ビター at 2008年12月15日 23:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24291973
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック