2008年11月05日

ドコモは何処へ

「全22機種は多くない」
そう言い切ったのは新生ドコモである。
これまでのイメージを一新、ブランド力を一気に強めた感じだ。
既存ユーザーや他キャリアにどう影響するか。
動向を見守りたい。

実はワタクシが生まれて初めて持った携帯はドコモである。
三菱のD251iSという随分昔の最新機種(今の旧式)だった。
あれから数年、携帯業界はどう変わったのか。
固定電話件数を遥かに上回り、今や生活の一番身近な「電子機器」の行く末は?
大いに興味のある分野である。

とは言うものの何だか不安なのである。
ちょっと強気に出すぎではないのだろうか。
意気込みは感じるが、今ドコモにあるのは「ブランド力」だけでは無いはずだ。
「全22機種はちょっと多かったかも」ぐらいで充分なのではないか。

「2.5GHz帯の割り当てで落選するとは夢にも思ってない」。
そう公言して落選した他キャリアの二の舞にならない事を願う。

業務用?詳細不明

ドコモの間接照明。このロゴ好きだったんだけどなぁ。
posted by ビター at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子機器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22462476
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック