2018年06月21日

伏見桃山城が地震で一部破損?

18日朝、京都も震度5の揺れを記録しました。
幸い大きな被害はありませんでしたが、ここまで揺れたのは1995年の阪神淡路大震災以来の事です。
まだ油断はできませんし、何らかの被害に遭われた方の生活が元通りになることを願っています。


ところでSNSでチラッと見かけたのだが、伏見桃山城の瓦が一部剥がれているらしい?
95年の地震でも耐えきったあのお城が?少し時間ができたので足を運んだ。

ちなみに伏見桃山城は1964年に建造された鉄筋コンクリートで歴史的建造物でもなんでもない。
かつてお城の周りにキャッスルランド(10年前の記事ヒェー)という遊園地があったが2003年に閉園してしまった。
今は跡地が運動公園になっており、お城は現在の耐震基準を満たしていないとされ入城できない。
ぶっちゃけお城は放ったらかしで廃墟寸前の状態である。桜の季節以外は草ボウボウ。管理してよ京都市。

さてお城に到着。

京都市伏見区の桃山城

相変わらず人が居ませんな。平日とは言えどもっと有効活用できないものだろうか。
さておき被害状況を…あっ

daitennsyu1.jpg

明らかに剥がれてるよ!土の色からして新しい破損ですねこれは。
小天守に目を向けてみると…

syoutennsyu1.jpg

やっぱりズレてるよ…。ズームしなくても目視で分かるような損傷だが…?
ならば東側の遠方からズームで撮ってみましょう。

daitennsyu.jpg

パッと見て損傷は無いようだが拡大すると…

daitennsyu3.jpg

鯱の間が壊れてますね。少し下に目を向けると、

daitennsyu5.jpg

これもまた新しい土の色、最近のものでしょう。

うーん、明らかに事案だと思うけど、今のところどこのメディアも取り上げていないようだ。
知名度が低いのは確かだが、近隣の方々には大事なシンボルとなってるお城だし、もっと多くの方に知ってほしいのが正直なところ。
前述のように廃墟寸前だから地震前から壊れていた可能性もあるが、それはそれで問題な気もする。

ともかく、直ぐに修繕とはいかなくても何か対策がほしい。大人の事情(?)でワザとメディアが取り上げいない気がするのは自分だけなのか。知れ渡ればお金を回さざるを得なくなるのがイヤとか。
posted by ビター at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183604493
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック