2008年06月13日

superCUB(スーパーカブ)

みんなが見慣れたバイク「カブ」
新聞配達のカブ、蕎麦屋のカブ、銀行員のカブ・・・。
バイクの基本中の基本であり、今や世界のベストセラー車である。
そんなカブの映画が今年の初めに公開され、来月DVDもリリースされる。

しかしタダのカブの映画ではない。
バイクアクションムービーなのである!
どう考えても「速い」とは無縁な「蕎麦屋のカブ」が、メチャクチャ速いスピードで公道を駆け抜ける!

これまでのスピードアクションムービーは主に洋画で、86(ハチロク)こと「頭文字D」も海外で映画化された程だ。
この度登場したのが「superCUB」である。
今まで有りそうで無かった「カブ=最速」映画。
日本の名車で日本発。
カブ愛好家(自称)としても非常に嬉しい。

迫りくるカブこちらはワタクシの愛車

外国映画程の迫力は無いものの、観ていて嫌味が無い。
思い付きを形にしただけの映画とは違う。
ストーリーもそれなりに作られているし、バイクアクションもできるだけ実写で撮影されている。
流石に有り得ないアクションはちゃちいCGが使われているが、その邦画独特の中途半端さもまた味か。
チューンナップされた「蕎麦屋のカブ」が突っ走る姿は、お約束且つシュール過ぎて思わず苦笑いしてしまう。

時には胡坐をかいて「ねーよ」と突っ込みながら、笑って楽しむ映画も良いのではないだろうか。
続編の「superCUB2/激闘編」も同時リリース。
さらなるチューンナップを遂げた「蕎麦屋のカブ」もご覧あれ。
posted by ビター at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15985812
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック