2008年03月03日

「5cm/s」公開から1周年

「秒速5センチメートル」が公開された日から早一年。
あの頃は若か、ってそういう話ではなく、シネマライズで一年前の今日公開されました。
京都は3月24日でしたが、未だに何度観ても飽きない映像叙事詩が此処に極まれり、です。
BDも4月に発売されますね。
HD解像度で製作された作品ですから、DVDよりも見応えがあるでしょうね。

HD DVDはどうしようかな・・・。

【3/4追記】
予約ランキングでも上位を占めています。
嬉しい限りです。
posted by ビター at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 新海誠
この記事へのコメント
噂は知ってたんですが、つい先日初めて見ました。美しい映像ももちろんいいなあと思いましたが、何より京2がリアルに出現しているのが、過ぎし日を思うストーリーとあいまって哀しみを倍増させられました。純粋に映画に集中して鑑賞出来るように頑張ってくれーWILLCOM!(笑)第一話の、朝雪が積もった中の風景特に里山(?)が気に入りました。
Posted by や at 2008年03月04日 14:53
>>やさん

そうですね。作品全体を通して何故か「京ぽん2」だけが妙にリアルです。
発売から2年以上。あの頃は若(略)。

里山ですか。雪の描写も綺麗でしたね。
ロケハンは夏に行かれたようで、あの雪の描写はほとんど「想像」で描かれたようです。
それが逆に「理想通りの雪景色」を生み出して、人々の心を掴んだのかもしれませんね。

ちなみにワタクシは「アカリが居ない踏切」が好きです。
日常生活でも踏み切りを渡る度に「5cm/sごっこ」をしていますません。
Posted by ビター at 2008年03月04日 22:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11802338
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック